2022.5.19

【誤爆LINEまとめ】「赤ちゃん5か月だね」妊娠を機に結婚後、残念な結果になり落ち込む私。ある日夫から“最低なLINE”が届いて…?

皆さんはLINEを誤爆してしまった経験はありますか?自分でなくても、恋人や配偶者から誤爆LINEが届き、なんと浮気を発覚してしまった…!なんてことも。今回はそんなLINEで起きたトラブルエピソードをまとめてご紹介します。

    「元カレからの請求」


    出典:lamire
    ある日、「チョコレート代220円、初デートのお茶代2,900円、2回目のデートのお茶代3,800円」と延々細かい料金の並んだラインが元カレから急に届きました。
    続けて「3日後までにこの口座に振り込んでください」と口座情報まで…。

    馬鹿らしくなり放置していたところ、私の実家に請求に来たそうで、不信に思った親が警察に通報。
    ストーカー規制法で接近禁止令を出されたそうです。

    (女性/会社員)

    「拒否ることは論外だから」

    「俺たちさ、別れたわけじゃん?それなら、今まで俺が支払った分の金くらい返してくれるんだよね?さすがに拒否ることは論外だから」と、別れてから色々言われて対応に困りました。
    別れ話をしたときには特に何も言われなかったため、すっかり油断していたのです…。

    でも、あまりにもやり過ぎとしか思えませんでした…。
    (女性/会社員)