2022.5.19

【誤爆LINEまとめ】「赤ちゃん5か月だね」妊娠を機に結婚後、残念な結果になり落ち込む私。ある日夫から“最低なLINE”が届いて…?

皆さんはLINEを誤爆してしまった経験はありますか?自分でなくても、恋人や配偶者から誤爆LINEが届き、なんと浮気を発覚してしまった…!なんてことも。今回はそんなLINEで起きたトラブルエピソードをまとめてご紹介します。

    「クルクルパーマ女狐」


    出典:lamire
    勤めている保育園の女園長は、かなりのモラハラ気質があります。
    ある日、夜ひとり酒をしながら同僚の保育士と園長への不満をとめどなくぶちまけていました。

    お互いお酒が入り、どんどん言葉もヒートアップ…。
    園長を「クルクルパーマ女狐」と名付けたところで、私に電話が入り一旦中断。

    電話が終わりLINEを再開させ、またもや「あの女狐うざいよね」と入力し送信したのに一向に既読がつかず「もう寝ちゃったのかな?」と私もその晩は寝ました。
    翌日園長に「おはようございます」と挨拶した際「女狐ってなあに?私のこと?」と園長から言われ…真っ青になりました。

    あの夜、間違って園長にLINEを送ってしまっていたようです…。
    慌てて「すみません!妹と母親のことを不満言い合っていて…園長に間違って送ってしまったようです」と言い訳しました。

    「ふ~ん」といわれ、以降どちらもそのことにはもう触れませんでしたが…あのときの心臓が止まりそうな震えは忘れられません。
    最近はLINEの相手先はよく確認することにしています。

    (女性/保育士)

    「旦那の寝相を…」

    ある日、旦那がリビングで大の字になって寝ていました。
    あまりにも気持ちよさそうなその姿をスマートフォンのカメラに収めて、後日旦那に送信したのですが…。

    スマホの動作が重くて何度かタップしていたら、誰かに間違えて送信してしまいました。
    慌てて送信先を確認すると、なんと元彼に送ってしまっていました。

    わざと送ったみたいですごくショックでした。
    (女性/会社員)