2022.5.19

【誤爆LINEまとめ】「赤ちゃん5か月だね」妊娠を機に結婚後、残念な結果になり落ち込む私。ある日夫から“最低なLINE”が届いて…?

皆さんはLINEを誤爆してしまった経験はありますか?自分でなくても、恋人や配偶者から誤爆LINEが届き、なんと浮気を発覚してしまった…!なんてことも。今回はそんなLINEで起きたトラブルエピソードをまとめてご紹介します。

    「天気の話」

    友達と「これから遊ぶのに天気怪しくない?」とLINEで話している中で、空の写真を送ってきました。
    私も「こっちは大丈夫そうだけどね」と家からの空の写真を送りました。
    ところが、その写真を送った先は私の部署のグループライン…。
    当時は送信取り消し機能もなかったので「間違えました!」と正直に送ったところ、別の人が「今夜は雨が降らないそうですよ!」と機転の効いた返しをしてくれて平和に終わることができました。

    (女性/会社員)

    「下の名前が…」

    以前病院で看護師をしていた際に病棟の看護師長(私にとって上司にあたる方)は下の名前でLINEを登録されていました。
    それが分かっていた時点で気を付けなければならなかったのですが、
    師長と下の名前が同じ友達に「〇〇ちゃん、次はいつ遊ぶ?」とLINEしたつもりが誤って師長に送ってしまいました…。

    出典:lamire

    師長からは「いつにしましょうかね?コロナ禍なので病棟でたくさんお話しましょう!」と返ってきました。
    気付いた後慌てて謝りましたが、次の日仕事にいくのがものすごく嫌になりました…。
    (女性/会社員)