2022.5.19

【誤爆LINEまとめ】「赤ちゃん5か月だね」妊娠を機に結婚後、残念な結果になり落ち込む私。ある日夫から“最低なLINE”が届いて…?

皆さんはLINEを誤爆してしまった経験はありますか?自分でなくても、恋人や配偶者から誤爆LINEが届き、なんと浮気を発覚してしまった…!なんてことも。今回はそんなLINEで起きたトラブルエピソードをまとめてご紹介します。

    「突然の告白」

    東京で一人暮らしをしていた当時遠距離の彼がおり、夜にLINEで雑談するのが習慣になっていました。

    ある日、たまたま母からもLINEが来て、2人それぞれと同時にLINEをすることに。
    仕事終わりで疲れていたこともあって、彼氏に送るはずの「大好き!」という絵文字を間違えて母親に送ってしまいました。
    母には彼氏がいることを言っていなかったので一瞬大慌てしましたが、すぐに話に沿った別のスタンプを送ってごまかしました。

    (女性/研究職)

    「穴があったら入りたい」

    私と夫は毎日仕事が終わったら互いにLINEをするのが日課です。
    ある日の仕事終わり、いつものように夫へ「今終わったよ、これから帰るね!」とLINEを送りました。

    しばらくしてスマホを見ると、会社の同期や先輩から「了解!」「お疲れ!」など複数の返信が。
    よくよく見ると先ほどのメッセージを間違って会社のグループLINEに送ってしまっていました…。
    仲の良い同僚だけのグループなら良かったのですが上司も参加しているグループだったので、恥ずかしさと気まずさでいっぱいでした。
    (女性/会社員)