2022.5.24

【職場で誤爆LINE集】「先に入ってます♡」お店のグループLINEに送信された“恥ずかしすぎる内容”とは…!?

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さがトラブルの引き金になることも…!? 今回はそんな数々の投稿から集めた「職場へのLINE誤爆エピソード」をまとめてご紹介します!

    「似た名前がゆえの…」


    出典:lamire

    友人と新しい顧客のアカウント名が非常に似ていたので、その二人に連絡するときはずっと注意しながらLINEを送っていました。
    ある週末、友人と待ち合わせをしていたのですが一向に来ないので「駅前で待っています。何かあったの?」と連絡すると…。

    「すみません、打合せは弊社にて、月曜日だったのではないですか?」と返信が…。
    その瞬間、その場に立ち尽くしました…。

    (男性/会社員)

    クルクルパーマ女狐


    出典:lamire
    勤めている保育園の女園長は、かなりのモラハラ気質があります。
    ある日、夜ひとり酒をしながら同僚の保育士と園長への不満をとめどなくぶちまけていました。

    お互いお酒が入り、どんどん言葉もヒートアップ…。
    園長を「クルクルパーマ女狐」と名付けたところで、私に電話が入り一旦中断。

    電話が終わりLINEを再開させ、またもや「あの女狐うざいよね」と入力し送信したのに一向に既読がつかず「もう寝ちゃったのかな?」と私もその晩は寝ました。
    翌日園長に「おはようございます」と挨拶した際「女狐ってなあに?私のこと?」と園長から言われ…真っ青になりました。

    あの夜、間違って園長にLINEを送ってしまっていたようです…。
    慌てて「すみません!妹と母親のことを不満言い合っていて…園長に間違って送ってしまったようです」と言い訳しました。

    「ふ~ん」といわれ、以降どちらもそのことにはもう触れませんでしたが…あのときの心臓が止まりそうな震えは忘れられません。
    最近はLINEの相手先はよく確認することにしています。

    (女性/保育士)