それ逆効果ですから。デカ目になりたくてやりがちなNGアイメイク&対処法

自然で大きい目元になりたくて、アイシャドウやアイライナーを濃く塗って「デカ目メイク」を工夫している女性は多いはず。ですがそのアイメイク、実は逆効果かも。濃いアイメイク=デカ目じゃないんです。勘違いしがちな4つのNGアイメイクに注意して!

デカ目メイク勘違いしてない?もしかしてそのアイメイク逆効果かも。

「もっと目元を大きく見せたい」そう思っている女性は少なくないはず。アイライナーをがっつり引いたり、アイシャドウを濃くしたり、自分なりのデカ目メイクを日々研究している人も多いのでは?

 

問題はその自己流アイメイクで、本当にデカ目が叶っているかどうか…!だって、自分では「これで完璧!」と思っていても、周りの人から見ると「ただの濃いアイメイク」「ちょっぴり時代が違う?」とマイナスなイメージを持たれているかもしれませんよ?

 

「私のアイメイクは大丈夫?」「デカ目どころか残念メイクになっているの?」不安になった人もいるかもしれませんが、これさえ見ればもう安心♡よかれと思ってやりがちなNGアイメイクをまとめてみたので、まずは自分のアイメイクと比べてみましょう。もちろん、目元を自然に大きく見せることができる正解のデカ目メイク法も紹介するので、合わせてチェックしてみて!

この記事もチェック

 

 

 

デカ目どころか逆効果かも?目が小さく見えちゃうNGアイメイク

紹介するのは、デカ目になれると勘違いしてやりがちな4つのアイメイク。あなたのアイメイクはOK?NG…?

 

 

①あれ?まぶた埋まってない?「上まぶたのがっつりリキッドアイライン」

あらら〜!「太いアイライナー=デカ目」と思っている残念なアイメイク。本来のまぶたの形が分からないほどがっつり引かれていますよね?目力は強くなるかもしれないけど、二重の幅が狭くなる&目元が引き締まりすぎて、逆に目が小さく見える可能性も…!ナチュラルに目元を惹き立たせたいなら、リキッドアイライナーだけじゃだめ。

 

 

リキッド&ペンシルの使い分けが正解♡

ナチュラルなデカ目を叶えるなら、リキッドアイライナーと合わせて、ペンシルタイプのアイライナーも使うのが正解!

使い分け方はこんな感じ。まつげのキワはペンシルでさりげなく、目尻だけはリキッドで存在感を強めに♡

 

まつげのキワに引く時は、指でまぶたを上に引き上げながら行うと簡単!まつげの間の隙間を埋めるように、引いていきます。

 

仕上がりはこんな感じ!ナチュラルなのにぱっちりデカ目♡程よく目元を引き締め、やりすぎ感が出ない自然な目元に。濃いアイライナーは目元がキツく見えてしまうので、ほどほどでいいんですよ。

 

 

②古っぽくも見えちゃう!「アイライナーの囲み目メイク」

あららら〜、こちらはちょっぴり時代遅れなアイメイク。黒く囲んでおけばデカ目になれるというのは、かなり前のメイク法。これも、アイライナーと同様、引き締まりすぎて抜け感がないので、ギュ〜っと窮屈そうな目元に。大人の女性は、下まぶたもナチュラルに仕上げないと!

 

 

アイシャドウを使って抜け感を出すのが正解♡

目元を囲むならアイライナーじゃなく、アイシャドウでやわらか〜く囲みましょう。下まぶた全体に肌馴染みのいい中間色を、黒目〜目尻に締め色をのせると目元がぼんやりしすぎない!

 

アイシャドウの締め色はまつげにキワにさらっとのせる感じで◎。塗りすぎると「クマすごいね」なんて言われかねないので注意して!

 

仕上がりはこんな感じ。じわ〜っと自然な血色感も出せていまっぽさ抜群♡柔らかいのにどこか印象的なアイメイクになりますよね。ミステリアスな目元に、周りの視線も集中しちゃうかも!

 

 

③いきすぎるとパンダ目に?「タレ目メイク」

あらら〜、タレ目の芸能人に憧れちゃったのか、不自然すぎる下げアイライン…。もはや目の形が変わっていますね。せっかくのタレ目メイクも、ここまで主張が強いとかわいくも甘くもありません。アイラインは下げとけばいいってもんじゃないんです!

 

 

アイシャドウ×アイライナーの合わせ技でぼかすのが正解

不自然に角度をつけるのではなく、自分の目の形に合わせてアイライナーを引いていきます。しゅ〜っと自然に伸びたように引くことで、ナチュラルなタレ目に近づきますよ。

 

これだけだとタレ目感が少ないので、上から濃いめのアイシャドウを重ねていきます。アイライナーと同じ色味のアイシャドウだと、タレ目メイクがより自然な仕上がりに。

 

こんな感じで、アイシャドウチップの細い方、またはブラシでアイライナーの上に塗り塗り。アイライナーが消えないよう、優しくふんわりとのせるようなイメージで。

 

完成はこんな感じ。甘くふわっとした柔らか目元の完成です♡下まぶたの目尻にも同じ色のシャドウをのせると、よりとろ〜んとしたタレ目メイクに仕上がりますよ。

 

 

④舞台役者ですか?「異常に濃すぎるアイシャドウ」

むむ!こちらはくすみなのかアイシャドウなのか分からないくらい濃い(笑)!確かに印象的な目元だけど、ちょっぴ〜り強めすぎない?濃すぎてなんだかバブリーだし、くぼみすぎてお疲れな目元に見えちゃいます。

 

 

締め色はまぶたのキワor目尻にのみ塗るのが正解

アイシャドウの締め色は、二重幅全てに塗るのはNG!引き締まりすぎちゃうので、まぶたのキワ、または目尻にさらっと塗る程度でOK。私は目尻にいくにつれて、気持ち太めにしています!

 

仕上がりはこんな感じ。同じ色でも全然イメージが違いますよね?素肌感を活かすのがいまっぽいので、アイシャドウは肌に馴染ませる感じで軽〜くのせていきましょう。さりげないのにおしゃれにキマる。あざとアイの完成です♡

この記事もチェック

 

 

 

濃い=デカ目は間違い。差し引きアイメイクで自然なデカ目をゲット♡

あなたのアイメイクはOK?NG…?アイメイクは濃くすればいいという訳ではないので、なかなかバランスを取るのは難しいですが、抜け感を意識することでいまっぽい自然な大きめ目元が叶うはず。

上手に差し引きして、自分にぴったりのアイメイク法を見つけていきましょうね♡

この記事もチェック

[記事公開日]2018.4.29 [最終更新日]2019.3.26

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS