長いマフラーの一枚上手な4つの巻き方!ぐるぐる巻きばかりじゃもったいない

ロングマフラーはとりあえずぐるぐる…。気づけば毎日同じ巻き方をしていませんか?長いマフラー&細いマフラーは巻き方次第でおしゃれに変身!今回はまわりに”一枚上手"と思わせるおしゃれな巻き方を4つご紹介♡秋冬すぐに使えるテクをマスターしちゃおう。

長いマフラーぐるぐる巻きばっかりになってない?

お出かけ前にマフラーを首にぐるぐる…、ああ、あったかい♡そうやってロングマフラーをただの防寒具にしていませんか?長いロングマフラーは巻き方を楽しまなきゃ損!簡単におしゃれに見える巻き方が実はたくさんあるんですよ。今回は、すぐに覚えられるロングマフラーのおすすめの巻き方を4つご紹介。ぜひお気に入りを見つけてみて。

この記事もチェック

 

 

 

一枚上手♡これが長いマフラーのおしゃれな巻き方

今回は4種類のロングマフラーを使って巻き方を紹介。クールな印象を与えるものからかわいい印象を与えるものまで、ひとつずつ詳しくお伝えしていきますね♡

 

 

長いマフラーの巻き方①チェーンノット

もこっとした首元がかわいいチェーンノット巻き。ボリュームたっぷりな見た目なので、チェスターコートなど首元がすっきりとしたコートと相性◎の巻き方です。手の込んだ巻き方に見えますが、実は結構簡単なんです!

 

まずはざっくりと真ん中の位置でひとねじり。それをくるっと首にかけて、片方はループの中にイン、もう片方はねじったことによってできた下側のループにインします。下から引っ張ってあげるとごわつく心配もありません。最後に両端を整えれば完成。ね?結構簡単な巻き方でしょ♡

 

 

長いマフラーの巻き方②プレーンノット

プレーンノットはいわゆるネクタイ巻きです。ちょっぴりクールな印象の巻き方ですよね!

 

本当のネクタイと全く同じ巻き方。まず、片方を長め(短い方の2倍くらいの長さ)にして首にかけます。その後、長い方を細い方にくるっと1周巻きつけてそのまま長い方は首の輪の下から上に引き出します。引き出した方を手前のこぶに入れて形を整えれば完成。ボリュームのあるロングマフラーではなく、すっきりとした細いマフラーを使用すると巻きやすいと思いますよ。

 

 

長いマフラーの巻き方③スヌード風巻き

その名の通り、マフラーをスヌードのように見せる巻き方です!

 

まずは両端をひと結び。(ひと結びだと取れてしまいそうな場合には、もう1度結びましょう)結び目が後ろにくるように首にかけて、前に垂れた方をくるっと回して輪を作ります。その後は、スヌードをかぶるように頭に通して形を整えれば完成。ただし、この巻き方は髪が崩れやすいので要注意!結び目やフリンジ部分を隠せば本物のスヌードと見分けがつかない程の仕上がりに。

 

 

長いマフラーの巻き方④リボン結び

暗い色のロングマフラーでも、かわいらしい印象になるリボン結び。

 

首にかけたマフラーの中心部分をひと結び。一方で輪っかを作りそれをもう一方でくるっと巻いてリボン結びに。リボン部分を大きく広げてあげるとよりかわいくボリューミーな仕上がります。

 

アップにするとこんな感じ。これもボリュームたっぷりのロングマフラーだともこもこになりすぎてしまうので、細いマフラーを選ぶとバランスGOOD。大きなリボンに周りの視線が集まること間違いなし♡

この記事もチェック

 

 

 

長いマフラーは巻き方でおしゃれを楽しむべし

巻き方のレパートリーが多いロングマフラーは、その日のファッションやアウターに合わせて巻き方を変えていくべき。今回ご紹介した巻き方は簡単×こなれ感たっぷりなものばかり。長いマフラー&細いマフラーをお持ちの人は、巻き方をマスターして首元からおしゃれを楽しんじゃいましょう♡

この記事もチェック

[記事公開日]2017.11.17 [最終更新日]2019.1.10

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング