サイトURLを lamire.jp に変更いたしました。

アウターは?半袖OK?意外と服装に迷う【5月コーデ】の正解教えます

5月は春とはいえ、日差しが強いと夏のように暑いこともしばしば。そんなときに、同じ春でも3月頃に買った春服じゃどうにも対応できないはず。アウターは?半袖はOK?など服装に迷わないよう、気温20度前半・後半に分けて正解コーデを紹介します。

5月のコーデって意外と難しい

アイボリーのレースガウンにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

5月は暦の上では春ですが、春とは思えないくらい日差しが強くて暑い日があったり、逆に涼しすぎる日もあったりしますよね。夏に近い5月にちょうどいい服装って意外と難しいかも…。アウターはいる?いらない?半袖?長袖?なんて迷う日もあるはず。そんなお悩みを解決しましょう!

 

肌寒い日に羽織るならライトアウターの一択

5月とはいえ朝晩は風が冷たい日もありますよね。だからといってもう厚手のアウターは暑苦しいのでNG。5月に羽織るならライトアウターで十分です。その中でも薄手ブルゾンと開襟シャツは使い勝手◎

 

薄手ブルゾン

ベージュのライトブルゾンにワンピースのコーデ出典: ZOZOTOWN

薄手のブルゾンを一枚羽織るだけでも体感温度はだいぶ違いますよ。5月に着るブルゾン選びのポイントは3月頃の春先に出たものではなくて、裏地がなくてとにかく軽いこと。日中暑くて脱いだとしてもかさばらないものがいいですよ。

 

カーキのブルゾンに花柄スカートのコーデ

出典: ZOZOTOWN

見るからに薄いテロっとしたブルゾンもいいかも。薄手で肌が透けるくらいのものでもあるとないとでは大違いなので、ちょっと肌寒い日にさらっと羽織ったらGOOD。丈が短めでコンパクトなものを選ぶと荷物にならずに済みます。

 

前を開けて羽織りたい開襟シャツ

白の開襟シャツにブラウンタンクトップのコーデ出典: ZOZOTOWN

開襟シャツは、普通のシャツよりも襟の開きが大きいのでリラックス感たっぷりなシルエット。普通に着ても抜け感満載ですが、羽織としても大活躍しますよ。タンクトップを合わせたら夏日にもピッタリなコーデが完成です。

 

ベージュドット開襟シャツにブルーのリブタンクのコーデ出典: ZOZOTOWN

シフォンの開襟シャツはテロっとしていて、柄物でも透け感があるので幼く見えないですよね。カラーインナーを着てちょっと透けさせてみるのも素敵ですよ。せっかくの開襟シャツなのでインナーもデコルテ出しを意識すると、抜け感がグッと上がりそう♪

 

<気温20度前後>なら五分袖&七分袖がちょうどいい

気温が20度前後になると、アウターなしで一枚でキマるコーデがしたくなるはず。長袖だと結局腕まくりをすることになるので、そんなとき使えるのは五分袖&七分袖なんです。手首が見えると華奢さもアピールできるのでなにかと便利ですよ。

 

五分袖

白レース五分袖ブラウスにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

五分袖は肘の辺りまでの袖丈のことで、ものによっては半袖より少し長いくらいのものもありますよ。長袖だと暑苦しいけど半袖だと心もとないという日には五分袖がちょどいいかも。袖にポイントがあると半端な袖丈がルーズに見えないのでGOOD。

 

五分袖イエローブラウスにチェックパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

五分袖でボリュームがあると二の腕カバーができて細見えも叶っちゃいます。このボリュームがあっても野暮ったくならないのは五分袖ならではですよね。袖を強調したいのでボトムスはスッキリしたシルエットのものをチョイスするとコーデのバランスがとれそうです。

 

七分袖

七分袖のブラックカットソーにチェックのスカートコーデ出典: ZOZOTOWN

七分袖は、肘と手首の間くらいの袖丈で五分袖よりも安心感があるので普段長袖が多い人もチャレンジしやすいですよ。手首が見えるだけでも抜け感は全然違うので、長袖から切り替えてみては。

 

赤のトップスにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

ボリュームのある袖でも七分袖ならむしろそのダボっと感がかわいい仕上がりに♪5月に赤を着るなら暑苦しく見えないことがポイントになるので、長袖より七分袖を選ぶなど調整してみてくださいね。

 

<気温20度後半>なら透け感重視のコーデが涼しげ見え

気温が20度数後半にもなるともう夏日ですよね。半袖のTシャツ一枚でもいいくらいの気温ですがそれでは手抜きっぽく見えるので、透け感コーデで涼しくおしゃれ見えさせちゃいましょう。

 

シースルーシャツ

黒のシースルーシャツにパープルワンピのコーデ出典: ZOZOTOWN

シースルーシャツは、抜け感はもちろんですが大人っぽい雰囲気も演出できますよ。特に黒のシースルーシャツは肌がきれいに透けるので品があって涼しげ見えするんです。インナーを選ばずに使えるので20度後半ならシースルーシャツはマストアイテムになりそうですね。

 

レースガウン

白のレースガウンにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

レースガウンは抜け感のあるコーデの中でもガーリー寄りでかわいらしい印象になりますよ。20度後半ならレースガウンの下はキャミソールでもOK。メンズっぽボトムスでもレースガウンを合わせたらレディ見えするのでミックスコーデにも使えそうですよね。

 

チュールトップス

パープルのチュールトップスにデニムパンツのコーデ出典: ZOZOTOWN

チュールトップスは2018春のトレンドアイテムにもなっていて、袖がチュールになっているものが多い気がします。チュール素材なら七分袖くらいあったとしても透けているので半袖感覚で着られて涼しいですよ。ポイントになるアイテムなので一枚でも様になって使い勝手抜群です♪

 

5月コーデは気温によってかなり変わるかも

ネイビーの刺繍ワンピースを着た女性出典: ZOZOTOWN

5月は春だけど、夏日があったりと気温に振り回されることが多いので毎朝悩みますよね。あたふたしないためにも気温差に対応できるようなアイテムを用意しておくと、コーデ選びが憂鬱になることはなさそうですよ。

[記事公開日]2018.5.08 [最終更新日]2018.5.11