BEAUTY

2018.4.05

長くて濃い「自まつ毛」を作る4つの習慣&ケア方法♡きれいなまつげの秘密はこれ

アイメイクの印象を左右する、”まつげ”。長〜く太〜く見せようと、マスカラ選びに熱心になっている女性も多いかも…ですが、自まつ毛のケアはできていますか?自まつ毛がきれいだとスッピンでもかわいく、いつものメイクの仕上がりも変わります!長い×太い自まつ毛を作る、4つの習慣・ケア方法をご紹介します♡

マスカラだけじゃ、まつげは盛れない!自まつ毛ケアを今すぐはじめて!

目元の印象を大きく変えるまつげの存在。「ボリュームまつげが叶うマスカラ」「ロングラッシュになれるビューラー」…など、まつげを盛るコスメが多く発売されていることからも、女性にとってどれだけ大きい存在なのかがわかりますよね。理想の”長くて濃いまつげ”を叶えようとマスカラ選びに熱心になっている女性は多いかもしれませんが、土台になる自まつ毛がイマイチなら満足な仕上がりになるはずもなく…。

マスカラ選びも大切ですが、それと同じくらい徹底して欲しいのが「自まつ毛をいたわること」なんです!肌荒れしている時に化粧ノリが悪いのと同じように、まつげメイクも仕上がりは土台次第。今日からできる「自まつ毛を育てるためのケア方法」をまとめてみたので、ぜひ実践してみましょう。

こんなことまで?自まつ毛きれいさんがやっている習慣・ケア4つ

自まつ毛きれいさんは、当たり前のようにやっている習慣や日々意識していることがありました。この4つを習慣化すれば、憧れのふさふさ自まつ毛に近づけるかも!

自まつ毛きれいさんの習慣&ケア1.毎晩まつげ美容液でメイクのダメージをオフ

まつげを太くふさふさに見せるには、1本1本にコシを与えることが大切。肌に化粧水や乳液、美容液を塗っているのと同様、自まつ毛にも専用美容液を使ってしっかり栄養を与えてあげましょう♪

夜、就寝前に塗ってから寝ることで、翌朝マスカラがノリやすい健康的な自まつ毛を作ることができますよ。また、日常的なアイメイクとクレンジングによってまつ毛はダメージを受けやすい部分です。まつ毛美容液の使用は毎晩の習慣に。
まつ毛美容液を塗ったまつげの上に温タオルをのせることで、よりしっとりふっくらした目元に。


自まつ毛きれいさんの習慣&ケア2.アイメイク専用のクレンジングを使っている

自まつ毛きれいさんは、目元への刺激を少なくする為にも、アイメイクを専用のクレンジング剤で落としています。「まつげをいたわる為に、目元全体を気にする必要がある?」と思う人もいるかもしれませんが、肌に使うクレンジング剤ではアイメイクを1度に落としきれないことが多く、何度かこすっているうちに自まつ毛が抜けてしまうことがあるんです。

アイメイク専用のクレンジング剤であれば、何度もこする必要がなく、短時間でするんときれいに落としきることができますよ。その分、自まつ毛へ与える負担も少なくなるので、クレンジング剤は肌・目元で使い分けるのが正解♡

自まつ毛きれいさんの習慣&ケア3.ウォータープルーフのマスカラはなるべく使用しない

目元・まつげへの刺激を少なくする…と言う意味では、落としにくいウォータープルーフマスカラの使用も控えるのがベター。

商品にもよりますが、ダブルクレンジングをしないと落とせないくらい強力なものが多いですよね。プールや海、イベント…など、パンダ目になる可能性が高い日のみ使用し、デイリーメイクはお湯で落とせるマスカラを使うのがおすすめ♡

自まつ毛きれいさんの習慣&ケア4.ビューラーのメンテナンスをこまめにしている

マスカラ派のみなさん、ず〜っと同じビューラーを使っていないですか?ゴム部分がゆるゆる・ボロボロになっている人は、いますぐ取り替えましょう。

状態が悪いビューラーは自まつ毛が抜ける元。それだけでなく、カールもきれいにつきにくいので、3〜4ヶ月を目処に取り替えるのが◎。ゴム部分のみ購入することもできるので、購入店や近くのドラッグストア、コスメショップをチェックしてみましょう。

肌と同じくらい、自まつ毛もしっかりケアしよう♡

大きい存在の割におろそかにされがちな「自まつ毛」ですが、肌や髪と同じように、いたわってあげた分だけ状態がよくなるので、毎日忘れずケアして欲しいなと思います♡マスカラが映えるふさふさな自まつ毛を目指して、今日から4つの習慣・ケア方法を意識してみてくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。