適当なのにおしゃれ!《塗りかけセルフネイル》が癖になるかわいさ♡

[記事公開日]2018.1.22
[最終更新日]2019.3.26

セルフネイルって時間もかかるし、そもそも不器用な私には向いてない…と苦手意識がある人も多いのでは?そんな人でもできちゃう「塗りかけネイル」がおしゃれさんの中でブームなんです!あえての適当感を楽しむこなれネイルを試してみませんか?

塗りかけのネイルがかわいいって本当?

きちんと塗らない”ラフさ”や”わざと適当”というデザインが斬新!と、塗りかけネイルの魅力にハマる人が続出中♡何より、細かい作業もなく、多少ヨレたり上手く塗れなくてもそれも良しとされるので不器用さんにもぴったりで、時間がない時にもありがたいネイルなんです!

 

やり方は簡単!ラフに塗るのがコツ♡

あえて筆のあとを残すくらいがいいんです◎

塗りかけというくらいですからキレイに塗る必要もなく、筆のあとを残すくらいでさらっと色をつけるのがいいですよ!ビンのふちで筆についたポリッシュを減らしてから塗ると程よい色づきになり、何度かベタベタと塗っても濃淡ができてかわいいです◎

この記事もチェック

 

色の組み合わせで楽しめる♡塗りかけネイルカタログ

今回は単色でも楽しめる塗りかけネイルを、二色塗り、三食塗りと色を重ねるとどんなバリエーションで楽しめるのかをわかりやすく実践してみました♡シンプル派なのか、ちょっと個性を出したいのか。あなたはどれが好みですか?

 

design1:近い色味でグラデ風に

一色塗りで人気の高いレッドをON!濃いめのカラーって不器用さがバレちゃう色なので塗りかけネイルなら誰でもトライできますね◎

二色目にはホワイトベースのラメをプラス。少し柔らかい印象になりました。ラメは乾燥するのが早いので重ね塗りにもぴったり!

赤の色味に寄せたオレンジをプラス。華やかさとポップさが加わりグラデっぽい塗りかけネイルになりました!

 

design2:雰囲気の違う色味を1本だけ使う

一色だけで塗るターコイズブルーは個性的なカラーでも塗りかけネイルなら意外と馴染むかも。

二色使う場合1本だけの爪を全然違う雰囲気の色味にするだけで遊び心が見えますね。今回はパール入りの不思議なキャメル色のようなものをざっくり塗ってみました。

三色目は万能なグリッターラメをON。シルバーでもゴールドでもあれば必ず使える上に物足りない時にも華やかさをプラスして凝ったネイルに見せてくれますよ!ラメはたっぷり塗る指とうすーく伸ばす指を作ると変化が出てかわいい。

 

design3:あえて真反対の色を入れてみる

濃いめのフューシャピンクのカラーをかなり荒めにガシガシと塗ってみました。

プラスしたイエローはクリアなカラーなので、重ねて塗っている部分はピンクが透けてオレンジに変化!二色なのに三色が現れましたね!これだけでも可愛い◎

個性派さんにおすすめなのがインパクトのある濃いめのカラーをポイントに塗るだけで雰囲気が一気に変わります!あえて全部に塗らないのもいいですね。

この記事もチェック

 

不器用でも安心♡塗りかけネイルを楽しもう!

どうでしたか?セルフネイルってめんどさいと思っていた人もこれならできそうと思ったはず。単色で塗る場合は濃いめのカラーであえて感をアピールするのがおすすめです♡ぜひカタログを参考にいろんな組み合わせで塗りかけネイルを楽しんでくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事