無印良品の美容オイルを徹底比較!使い方・つけ心地・コスパ…どれで選ぶ?

[記事公開日]2017.11.04
[最終更新日]2020.8.31

美容マニアからも口コミで高評価を集める無印良品のピュアオイルシリーズ。ホホバ、アーモンド、アルガンオイルなど、全6種類の違いを比較しました!さらに毛穴ケアや顔のマッサージ、メイク落とし、ヘアオイルなど、おすすめの使い方も紹介します♪

無印良品の美容オイルはピュアオイル!

無印良品のオイルシリーズは全てピュアオイルで、オイル以外の添加物を使っていないんです!
植物から搾取された、無香料・無着色の100%天然のオイルで作られているので、安心して使えるところも口コミでは話題なんです♪

コスパ・つけ心地・使い方…無印良品の美容オイルそれぞれの違いを徹底比較!

さて口コミで話題の無印良品の美容オイル、それぞれの違いが気になりますよね。
価格やオイルの感触、特徴をそれぞれご紹介します。

無印のオイルは以下の6種類。

  • オリーブスクワラン
  • ホホバ
  • ローズヒップ
  • アルガン
  • スウィートアーモンド
  • オリーブオイル

それぞれのオイルの特徴・つけ心地・おすすめの効果的な使い方を紹介するので参考にしてみてくださいね♪


※価格は2017年11月時点
参照:無印良品公式サイト

つけ心地が軽い・重いなど好みの差はあるものの、べたつかずに使いやすそうなのは「オリーブスクワランオイル」と「ホホバオイル」でした。
希少な成分の「アルガンオイル」はお値段も少し高めで、コスパだけで考えると「オリーブオイル」「スウィートアーモンドオイル」が良さそう。んーこれだけじゃまだ悩みます…。
もう少しそれぞれのオイルの違いを比較してみましょう!

【無印オイル1.】オリーブスクワランオイル

無印良品のピュアオイルシリーズの中でも一番軽い使用感のオリーブスクワランオイル。
さらさらで肌にスッと馴染むので顔に使いやすく、オイルのベタつきを少しでも軽減させたい人におすすめ。

無印オリーブスクワランオイルのおすすめの使い方

スキンケア前の使用がおすすめ

入浴後や洗顔後の肌がまだしっとりしている状態で、オリーブスクワランオイルを適量手に取り、顔全体に優しく伸ばします。
その後、化粧水や乳液で保湿を。

リキッドファンデに混ぜて使う

リキッドファンデーションに少量混ぜて使用すると保湿力がアップすると、うるおい肌をキープできると美容マニアの間でウワサに!
ベタつかない程度に肌質によって調整しながら、乾燥対策の一環としてトライしてもよいでしょう。

【無印オイル2.】ホホバオイル

近年ブームの万能ホホバオイルは、高級脂肪酸と高級アルコールが結合したワックスエステルが主成分で、370℃で96時間放置しても酸化しないという驚きのオイル。
さらさらとした使い心地で、顔はもちろん全身に使うことができます。

無印ホホバオイルのおすすめの使い方

クレンジングオイルとして

ホホバオイルはメイクのクレンジングオイルとして使うのもおすめです。皮膚の上でメイクの油分となじみ、界面活性剤が入ったクレンジングオイルとくらべ肌に負担なくメイクを落とします。
使い方は、優しく顔に馴染ませたあと拭き取り、石鹸で洗い流します。
添加物を避けたい人のクレンジングオイルとして大人気です。

頭皮マッサージ・ヘアトリートメントとして

シャンプー前にホホバオイルを頭皮にたっぷりとつけ、髪や地肌を優しくマッサージします。
そのあとは蒸しタオルなどで頭をくるんで、頭皮と髪を同時にケアしましょう。
15分ほど放置しシャンプー・リンスでホホバオイルを洗い流したら、タオルドライ後にヘアオイルとして1~2滴ずつ髪の毛先につけて優しくブラッシングして乾かします。

スキンケアの導入液として

オリーブスクワランオイルと同様、化粧水などの基礎化粧品を使う前に肌になじませるのがおすすめです。

爪に塗るネイルオイルとして

さらっとした使い心地のホホバオイルは、爪を保湿するネイルオイルとして使うのもおすすめです。
顔や髪に塗ったあと少し手に残っているホホバオイルを爪のまわりに塗り込めば、手間なくきれいな指先を手に入れることができますよ♡
より重点的に爪をケアしたい人は、ホホバオイルを塗った上からホットタオルを巻いて、保湿効果を高めちゃいましょう。

この記事もチェック

【無印オイル3.】ローズヒップオイル

希少なオイルのため値段が少し高めのローズヒップオイル。
濃厚なテクスチャーでやや重めの使用感で、夜寝る前に使ってしっかりと肌の乾燥をケアするのがおすすめです。
酸化しやすいオイルなので、開封後はなるべく空気に触れないようにし、冷蔵庫などの冷暗所で保管をすることをおすすめします。

無印ローズヒップオイルのおすすめの使い方

肌に明るさを与えたいときに

シミやくすみ、ニキビ跡が気になるときの肌のうるおいケアや、乾燥による小じわやたるみなどが気になる部分へのマッサージにもおすすめです。

【無印オイル4.】アルガンオイル

アルガンオイルはやや重めの感触でしっとりとした使用感ですが、跳ね返る感じがなく肌になじみます。
こちらもローズヒップオイル同様、希少なオイルであるため値段は高めです。

無印アルガンオイルのおすすめの使い方

スキンケアとして

乾燥した肌にうるおいを与える、美容液いらずとも言われるアルガンオイル。
化粧水前に使って導入オイルとして使ったり、ニキビができやすいときのスキンケアにもおすすめです。

髪の毛につけるヘアオイルとして

アルガンオイルは、ヘアケア剤にもよく配合されているくらい最適なオイル。お風呂上がりのタオルドライした髪に、ヘアオイルとして髪の毛先からアルガンオイルつけます。流さないトリートメントなどに数滴混ぜるのでも◎髪をブラッシングして乾かせば完璧です。

髪の毛のスタイリング剤として

髪の毛に塗るだけで濡れ感が出るので、今流行りのウェットなヘアスタイルがテクいらずで作れちゃいますよ。つけすぎるとオイリーな髪の毛に見え清潔感がなくなってしまうので、様子を見ながらすこ〜しずつつけてみてくださいね。

この記事もチェック

【無印オイル5.】スウィートアーモンド

スウィートアーモンドオイルは少し重めなテクスチャーですが、体温で温まるとなめらかですべりが良くなります。
抗酸化作用で知られるビタミンEの含有量がピカイチです。

無印スウィートアーモンドオイルのおすすめの使い方

マッサージオイルとして

軽すぎず重すぎず、伸びもいいスウィートアーモンドオイルは、マッサージオイルとしての使い方が最適。オイルをとったら、手のひらで温めてから気になる部分をもみほぐします。ホホバオイルと同じく全身に使える上に、コスパがいいので気兼ねなく使うことができます。

【無印オイル6.】オリーブオイル

無印良品のピュアオイルの中で、最もこってりとした使い心地のオリーブオイル。しっとりとした使用感なので、夜の寝る前などに、集中ケアとして1本持っててもいいかも。コスパNo.1ですが、肌に嬉しい成分もしっかり入っています。

無印オリーブオイルのおすすめの使い方

角質層ケアに!

オリーブオイルは、重いテクスチャだからこそ角質化しやすい部分に塗りやすいです。
夜寝る前に、ひじやひざ、かかとなどとにかく乾燥が気になる部分に塗っていくだけ。使い続けていくとふっくら柔らかい肌に!

無印良品の美容オイルはどれも目移りしてしまうほど♡

無印良品の美容オイル全6種類の違いを比較してみた結果、どれも魅力的で口コミで話題な理由がよくわかります。値段で決めるのもよし、オイルの感触で決めるのもよし、悩みを解決してくれるオイルで選ぶのもよし!マッサージとして、毛穴ケアとして、ヘアオイルとして、クレンジングとして、無印良品の美容オイルは使い方も色々。この比較記事を参考にして、オイル美容を楽しんでみてください♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事