平成ファッション振り返り【平成元年〜11年】ギャルがブームを席巻♡

平成30年分のファッションの歴史を一挙振り返り!第1回目は「平成元年〜11年」をクローズアップ。とにかくギャル!ギャル!ギャル!なこの時代は平成の基盤とも言えるカルチャーが数々登場しています。誰もが憧れたファッションアイコンが誕生した伝説の時代をプレイバック♡

平成ファッションを一挙振り返り!

30年という平成時代の終わりが迫っています。ファッションもこの30年で大きく変化し、様々なカルチャーが生まれました。そこで、全4回に分けて平成ファッション30年分を一気に振り返り!

 

 

第1回は【平成元年〜平成11年】をクローズアップ

第1回目は、平成元年から11年(1989〜1999年)をクローズアップ。平成30年の間で最も濃いカルチャーが生まれたと言っても過言ではないこの時代。ここが平成の基盤です!

 

 

ギャルがブームを席巻♡

ギャルブームを避けて平成は語れない♡この時代は、とにかく女子高生にスポットが当たった黄金時代。どこもかしこもギャルだらけ。平成30年になっても衰えないギャル文化を根付かせたすごい時代なんです。ギャルと言っても大きく分けて3パターンいたので、個性あふれるそれぞれのギャルをプレイバックしてみましょう。

 

 

 

①西海岸風の「LAギャル」

まずはLAギャルから♡名前のまま、LA感のあるファッションのギャル達は、コギャルやヤマンバギャルとは違う個性が際立っていました。

 

 

 

西海岸風のカラフルでサーフ意識の「LAギャル」の生態

<特徴>

このギャル達は黒肌LOVE!原色大好き!とにかくヘルシーであることをモットーにして生きていました。愛読雑誌は「Fine(ファイン)」。のちのサーフ系ギャルのCOCOLULUブームの原型とも言えます。

 

<トレンド小物>

①カラフルスニーカー

キャンバススニーカーもボリュームスニーカーも、色まみれ。「モノトーン?何それ知らない。」そんなレベルの色使いが特徴的。パステルカラーもビビッドカラーも全部混ぜちゃう、それがLAギャル。

 

②Baby-G

カラフル好きなLAギャルの手元には、カラフルなBaby-G。今ではコーデの差し色に…なんて思うような赤もピンクも黄色もmポイント使いどころかあって当たり前のもの。それにターコイズアクセを重ね付けするのが最高にクール!

 

 

今は消滅してしまったLAギャルですが、夏場になると音楽系のフェスでこの時代のようなファッションの人たちが出現するんです。特に、海外アーティストが出演するフェスでの出現率高し。

 

 

 

②ギャルの代名詞「コギャル」

ギャルと言えば「コギャル」。※女子高生のギャルをコギャルと呼ぶ。現代ギャルのお手本となるのは、このギャルでしょう。

 

数々のブームを巻き起こしてきたコギャルの生態

<特徴>

黒肌・細眉・ストレートのワンレンヘアが定番スタイル。制服にはとりあえずラルフローレンのカーディガンを着るor腰巻きし、足元はルーズソックス!愛読雑誌は「Popteen(ポップティーン)」。

 

<トレンド小物>

①ルーズソックス

ギャルのトレードマークでもある「ルーズソックス」は、定番ブランド”E.G.スミス”の1mを越える長さを履くのが当たり前。ルーズソックスは長ければ長いほどいい!というのがコギャルの考え方。地面について擦り切れても、雨でありえないほど重くなっても、それでも長いのが履きたいんです。

 

②ハイブランドのマフラー

冬の定番は、バーバーリーやフェンディのブランドマフラー。PRADAのナイロンリュックを持っている子もいました。ここでハイブランドに目覚めて、後にヴィトンのモノグラムバッグ常用者になる人もいたはず。

 

②PHS

コギャルの手元には100%、ファー&チェーンのストラップをこれでもかとジャラ付けしたアンテナが光るPHS。この頃プリクラも大ブームで、PHSの電池パックに彼氏とのプリクラを貼るのが当たり前。

 

 

他にも、コギャル達はたまごっち付きの昭和第一学園高校のスクバを持つのがステータスだったり、口を開けば「チョベリグ」「チョベリバ」だったりと、独特な文化が生まれました。

 

 

 

 

③どこまでも盛る「ヤマンバギャル」

コギャルの進化系、どこまでも盛る「ヤマンバギャル」。黒肌なのはコギャルと一緒だけど、ここからが違う!

 

黒肌&盛り髪No.1の「ヤマンバギャル」の生態

<特徴>

数枚重ねたつけまつ毛、コンシーラーを塗りたぐった白い唇、鼻や目の周りにはがっつりハイライトで、ポスカやシールもメイク道具と化していたヤマンバギャル。ギラギラでゴテゴテのデコネイルに、カラーエクステで髪を盛った頭にはハイビスカスをON!とにかく派手でナンボ!

 

<トレンド小物>

①アルバローザのコート

制服かと思うほど揃いも揃って着用していたのが、ハイビスカスがトレードマークのアルバローザのコート。とにかくアルバローザを身に付けるのがヤマンバギャルの鉄則!

 

②me janeのショッパー

アルバローザのコートと並んでみんな持っていたのがミージェーンのショッパー。やっぱりここにもハイビスカス。これを持ち渋谷に繰り出せば怖いものなし!

 

 

 

この頃、出現し始めたのがギャルサー(イベサー)。ギャルサーに所属している人を「サー人」と呼び、日々渋谷でたむろしてはパラパラを踊るのが日常でした。

 

 

 

ギャル達のファッションリーダーはこの人♡

いろんなギャル達がいましたが、全員が憧れたと言っても過言ではないファッションリーダーがいました。ここまで一世を風靡したファッションリーダーは、後にも先にもこの2人だけ。

 

 

みんなあなたになりたかった「安室奈美恵」

惜しまれつつ引退をした「安室奈美恵」。「アムラー」という言葉も生まれたほど社会現象になり、アムラーの象徴、黒肌・細眉・厚底ブーツ…と、誰もが同じ格好をしていましたよね。

 

特に注目されたのは、黒タートル×チェックミニスカート×厚底ロングブーツとハーフツインテールに、ヘソ出しトップス×ミニスカート×厚底ロングブーツ。数々の雑誌の表紙を飾りその度に誰もがマネをし、女神と言われる美しさの安室ちゃん。みんなあなたになりたかったんです。

 

 

アムラーの次なるトレンド「浜崎あゆみ」

平成10年にデビューを果たした「浜崎あゆみ」。この時代のチャートを総なめにした歌姫は、ギャル達にカリスマと崇められていました。

 

PVやCMで身につけたものは、たちまち大ヒット。ギャル達はこぞってマネして付けていました。特に「evolution」で身につけていたふわふわの「しっぽ」は誰もが付けていましたね。

 

後に携帯メーカー「TU-KA」のプロモーションでレオパード柄のビジュアルを公開し更なる話題に。デビュー以降、常に流行のド真ん中にいた人です。

 

 

 

平成元年から11年は数々の伝説が生まれた平成No.1の時代かも

 

 

平成の1/3を締めるこの時代は、平成ファッションに最も影響を及ぼしたはず。安室奈美恵の電撃引退で平成の終わりを感じだ人も多かったのではないでしょうか。ギャルブームが始まって30年経ちますがギャルカルチャーは色褪せません♡

 

 

第2回:【平成元年〜11年】ギャルブームの裏トレンド
第3回:【平成12年〜21年】ついにド派手ブームの終焉
第4回:【平成22年〜30年】なんでもあり時代に突入!

 

 

Illustrator:Morimalu

[記事公開日]2019.4.01 [最終更新日]2019.4.08

NEW POST

ライフスタイルの新着記事

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ライフスタイルのランキング