半袖はいつから・何度から着るべき?半袖を着る気温・月の目安を解説!

[記事公開日]2018.5.12
[最終更新日]2020.6.26

今回は半袖を着る時期&気温の目安をわかりやすく解説します。4月・5月・6月・7月それぞれの季節に合わせた、2020年春夏の半袖コーデも一緒に紹介!半袖をいつから、何月から着始めるか悩んでる方は参考にしてみてください♪

半袖を1枚で着るなら5月からがおすすめ!最高気温25度を目安に取り入れて♪

白黒ボーダー半袖Tシャツとベージュスカートに黒コンバースのレディースコーディネート出典: WEAR

春の時期から半袖を着る場合、いつから着る?何月から着るのが普通なの?その答えがこちら!

  • 4月:半袖+春物アウター
  • 5月:昼間は半袖1枚でもOK、夜は軽い羽織りが必要
  • 6月:半袖でOK、雨の日は軽い羽織りがあると安心
  • 7月:半袖1枚でOK

4月に半袖を着てもおかしいわけではないですが、1枚で着るには寒いので、半袖を着るにはアウターが欠かせません。5月以降になると気温が上昇し、昼間であれば半袖でのお出かけが楽しめます。
仕事でスーツを着る方も、クールビズは5月~が主流です。男性の場合は半袖ワイシャツやポロシャツを着ても良いでしょう。

気温25度以上を半袖を着る目安にして、季節にあったおしゃれを楽しんでください♡

ここからは、具体的に気温と月に合わせて最適なお手本コーデについて解説していきます。

4月【最高気温18〜20度】羽織りもの必須!半袖はアウターの中で待機

昼と夜の気温差が激しい春。4月は半袖でもおかしいわけではありませんが、半袖1枚での外出は寒そうに見えるので羽織りものが必須です。暖かい日はアウターに袖を通さず、肩からラフにかけて半袖をチラ見せするのもアリ♡

 

白半袖Tシャツとデニムジャケットに黒タイトスカートのレディースコーディネート出典: WEAR

4月はまだまだ半袖だけでは寒いので、薄手のアウターが欠かせません。半袖を着る場合は春アウターの中に忍ばせて、コーデに軽さをだす役割として使うのがおすすめ。春の定番アウターでもあるデニムジャケットを肩からかけて、暖かさをキープしながら春コーデを楽しんで。

 

黒プリント半袖Tシャツと黒ワイドパンツに白ジャケットのレディースコーディネート出典: WEAR

半袖だけど、黒Tシャツなら重みがでるので4月から着ても違和感少なめ。ただし、黒ばかりでコーデを組んでしまうと重苦しい印象になるので要注意。コーデが暗くなりすぎないよう、アウターや小物に白を選ぶと春らしさがアップしてGOOD◎

 

白半袖ロゴTシャツと黒スキニーデニムにベージュリネンコートを羽織ったレディースコーディネート出典: WEAR

半袖Tシャツにリネンコートをはおって春らしい色合いのコーデに。リネンは通気性があり暑い時に着るイメージですが、実は保湿性も優れているので肌寒い4月の夜にもぴったりなんです。赤パンプスを差し色に使えば、フレンチシックな雰囲気が大人女子にぴったりの春コーデに仕上がります♪

 

 

 

5月【最高気温21〜25度】昼間は半袖1枚でもOK!素材や袖丈を選んで

ポカポカ陽気でどんどんと気温が上昇する5月は、昼間であれば半袖1枚でもOK!ニット素材の半袖トップスや、肘まで袖丈がある5分丈トップス、半端な袖丈がおしゃれな7分丈トップスなんかがおすすめです。夜まで出かける日は、脱ぎ着しやすい薄手の羽織りものがあると安心◎

 

ブラウンボーダー半袖ニットとデニムにベージュトートバッグのレディースコーディネート出典: WEAR

程よい厚みのあるニット素材の半袖は、半袖だから昼は涼しくニットだから夜まで暖かいので5月にぴったり!着れる時期が限られている半袖ニットは、5月にたくさん着ちゃいましょう。サラッと羽織れるリネンジャケットを持っていけば、急に肌寒くなっても安心です。

 

白半袖ロゴTシャツとレースブラウスにデニム、黒ウエストポーチのレディースコーディネート出典: WEAR

半袖Tシャツに7分丈のレースカーディガンを合わせた気温調整しやすい春コーデ。長袖のカーディガンだとコーデが重たく見えてしまうので、春は軽さを意識した羽織りものを選んでみてくださいね♪ほどよく透けるレースカーディガンは、半袖Tシャツと合わせるとカジュアル感がアップするので、大人女子の春コーデにぴったり。

この記事もチェック

 

 

 

6月【最高気温22〜27度】いよいよ半袖の季節!半袖主役のコーデを楽しんで

6月は雨が多く、ジメジメする時期なので半袖で爽やかに過ごしましょう。ただし、雨で肌寒い日ももちろんあるので、そんな日はストールなど薄手の羽織りものがあると便利です♪

 

グリーンの半袖ブラウスとデニムパンツに黒ヒールサンダルのレディースコーディネート出典: WEAR

リネン素材でさっぱりとした肌触りの半袖ブラウスは、涼しげで6月のような初夏の季節にぴったり。グリーンのような鮮やかなカラーブラウスなら、華やかに見えてジメジメした梅雨時期でもハッピーな気分になれます♪

 

白半袖ロゴTシャツとカーキベイカーパンツに黒ベレー帽のレディースコーディネート出典: WEAR

半袖Tシャツにカーキのベイカーパンツを合わせた王道カジュアルコーデが楽しめるのもこの時期ならでは。雨の日が多い6月の時期は、ベレー帽やキャップをかぶれば、気になる湿気対策になるのはもちろん、定番コーデに差をつけられて一石二鳥◎バッグやシューズも雨に強いものを合わせれば、おしゃれに梅雨を乗り越えられそう♪

 

黒半袖ロゴTシャツとイエロースカートに白ハイカットコンバースのレディースコーディネート出典: WEAR

ヴィンテージ感のある半袖ロゴTシャツは袖をまくってこなれ感をプラス。主役級の存在感を放つイエローが鮮やかなスカートが、6月のジメジメした空気を吹き飛ばしてくれそう♪

 

 

 

7月【最高気温28〜30度】半袖しか着たくない!夏小物を合わせて夏を満喫

いよいよ夏本番の7月は、とにかく暑いので半袖しか着たくない!暑いからといって半袖を着るだけだとマンネリコーデになってしまうので、半袖+夏らしい小物を合わせて暑い夏をおしゃれに乗り切りましょう。

 

白半袖花柄シャツとベージュタンクトップにワイドデニムのレディースコーディネート出典: WEAR

夏らしい花柄の半袖シャツをサラッと羽織った夏らしいコーディネート。甘く見えがちな花柄ですが、半袖シャツを選ぶことで爽やかなカジュアルアイテムに変身!デニムやスニーカーを合わせてゆるっと感のある着こなしにすると、涼しげで抜け感たっぷりな大人カジュアルコーデにまとまります♪

 

ドットの半袖オールインワンにクリアバッグとビーチサンダルのレディースコーディネート出典: WEAR

ドット柄の半袖オールインワンなら1枚でコーデが完結。おしゃれなのに楽チンでなので、あつ〜い7月におすすめです。トレンドのドット柄×クリア素材のバッグを取り入れたコーデで、おしゃれさんの称号を狙っちゃいましょう♡

 

ブラウン半袖Tシャツとベージュワイドパンツにベージュかごバッグのレディースコーディネート出典: WEAR

オフホワイト、ベージュ、ブラウンなどの茶系カラーで統一したコーデもおしゃれさんに人気ですよね。半袖Tシャツやボトムス、小物などコーデの色味を統一するだけでおしゃれに見えるので、この着こなし方はぜひ真似したい!シンプルですがロープベルトやサングラスなど小物でアクセントを散らせばおしゃれ見え間違いなしです。

あなたにとって快適な体感温度に合わせてファッションを楽しんで♡

半袖はいつから・何月から着たらいいのかを月別に気温やコーディネートと合わせて解説しました。
ただ人によって体感温度は違うので、流行りや周りに合わせることだけを考えるのではなく、自分にとって快適な服装を選びましょう。

ただ女性にとって冷えは禁物!夏であっても朝晩が冷える時期や、エアコンが効いた室内との寒暖差にそなえて、いつも軽く羽織れるカーディガンなどを持ち歩くと安心です。
適度に調節しながら、おしゃれを楽しみましょう!

この記事もチェック

PICK UP

ファッションのピックアップ記事