FASHION

2022.9.01

義母「ワンピースの下からペチコートが見えてるわよ!」義理の弟の結婚式にお気に入りの服を着ていった結果→裾から見えるフリルを勘違いされ赤面<ファッションで失敗した体験談>

あなたはファッションにまつわる失敗をしたことはありませんか? 「場違いなファッションをしてしまった!」「ファッションのせいで目立ってしまった…!」など恥ずかしい思いをしたことがある方は少なくないのでは? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    義理の弟の結婚式で…

    義理の弟の結婚式に参加したときのことです。
    海外へ移住して1年目、日本から持っていった洋服の中から、パーティ用にと思ってセレクトショップで購入していたお気に入りの服を着ていきました。
    かなり短いワンピース丈のトップスに、短いフリルのスカート。
    「裾からフリルが見えて可愛いし、華やかさもあるしばっちり!」と思って着ていったのですが…。

    パーティも終盤に差し掛かったころ、義理の母が私を呼んでいます。
    何かと思うと、「ワンピースの下からペチコートが見えてるわよ!」と耳打ちされました。
    義母は「ペチコートが見えているなんて恥ずかしい!」と、裾のフリルをペチコートと勘違いしていたようです。
    人によってファッションの感覚は違うので、気を付けなければいけないなと思いました。

    (女性/専業主婦)

    会社説明会にピンクのシャツを着て行ったら…

    学生時代、とある企業の会社説明会に行ったときの話です。
    会社説明会と聞いていたので、スーツの中にピンクのシャツを着て参加しました。

    ところが、説明会が終わった後に一次面接があったのです。
    私は、説明会が終わった後に選考をやると知りませんでした。
    周りはみんな白や薄い青など、シンプルで目立たないシャツ。
    ピンクを着てしまった自分がとても恥ずかしかったです。
    面接の際には「随分派手ですね」と言われてしまい、焦ってしまった私は質問にも上手く答えられず、残念な結果となりました。

    説明会の詳細について、しっかり調べるべきだったと反省した出来事でした。

    (女性/パート)


    TPOに合わせた服装に迷ってしまう方は少なくないでしょう。
    失敗しない服選びを心掛けたいですね。

    ファッションを楽しみたいものの、こんな失敗をしてしまったという方もいるのでは…?
    失敗しない服選びを心掛けたいですね。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    「面接に落ちた理由は”服装”…!?」クールビズを取り入れ面接へ→不合格の理由を聞いて愕然…!<ファッションで失敗した体験談>