FASHION

2022.9.01

「実は御嬢様?」「服にいくら使っているの?」大学に母の”バブル時代の服”を着ていった結果→友人から誤解が…!<ファッションで失敗した体験談>

あなたはファッションにまつわる失敗をしたことはありませんか?「場違いなファッションをしてしまった!」「ファッションのせいで目立ってしまった…!」など恥ずかしい思いをしたことがある方は少なくないのでは? 今回は、実際にあった体験エピソードをご紹介します!

    裾が長いトップスを着て…

    私はよく裾が長いトップスを着て、しゃがんで裾を汚してしまうことがあります。

    そういうトップスを着たときには「気をつけなくては!」と思い着ているのですが、しゃがんだときに汚していることに気づけず、自宅に帰り洗濯しようと手に取って初めて汚していたことに気づきます。
    他の人が同じことをしている際は目につき、「アーーーーーッ!」なんて思います。
    自分がしゃがむ際も、十分注意しなければいけないですね。

    (女性/無職)

    母のお下がりを着用していたら…

    私の母はバブルを経験しており、海外ブランドの服やオーダーメイドの服を多く持っています。
    大学時代、母の服を借りて大学に着ていくことがよくありました。

    しかし、母の服と同じような海外ブランドの服は、大学生にとって、とても高価なもので…。
    そんなことは露知らず、無造作に母の服を着ていたので、周りの友人たちは私のことを「服にいくら使っているの?」「実は御嬢様?」「時給のいいバイトをしているのか?」などと思っていたそう。
    母のお下がりであること話すと理解してくれましたが、自分でプチプラの服を買って着るようになってから、気軽に話しかけてくれる人が増えた気がします。

    (女性/アルバイト)


    バブル期のファッションを取り入れるのは素敵ですよね。
    お母さんのお下がりを娘が着てくれるのは、母にとって嬉しいのではないでしょうか?

    ファッションを楽しみつつ、服選びは慎重に行いたいですね。

    ※こちらはクラウドソーシングサイトにて実際にユーザーから募集したエピソードをもとに記事化しています。

    「お金持ちの恋人がいるのでは?」母からのお下がりを着て出勤すると、職場で”変な噂”が…→実はハイブランドのものだった…!<ファッションで失敗した体験談>