BEAUTY

2021.8.24

プチプラでおすすめのクレンジング5選♪メイクの濃さで選ぶおすすめ商品

多くの女性にとって欠かせないアイテム、それがクレンジング。でも、種類が豊富で、どれを買おうか迷ったことありませんか?そんな人のために、メイクの濃さ別、おすすめプチプラクレンジングを紹介します。あなたに合うクレンジング、一緒に見つけましょう!

プチプラでおすすめのクレンジングの選び方は?

実はクレンジングには、6つの種類があるんです。そんなにたくさんの種類があると、自分にはどれが合っているのか、迷ってしまいますよね。そこで今回は、メイクの濃さに合わせて、おすすめのクレンジングタイプを3種類選びました! 普段のメイクを思い出しながら、自分にはどのタイプが合っているのか、確かめてくださいね♪

選び方の基準 1 : 濃いメイク

「しっかりメイクが好き」など、濃いメイクをしている人には、オイルタイプが◎。クレンジングの中でも洗浄力が高く、メイク汚れもスムーズに落とせます。素早くきれいにできるので、時間をかけたくない人にもおすすめです。

選び方の基準 2 : 薄いメイク

「あんまりコスメは使わない」など、薄いメイクをしている人には、ミルクタイプが◎。洗浄力は低いですが、そのぶん、肌に優しいのが特徴。肌への負担が気になる人や、敏感肌の人でも、使いやすいタイプです。

選び方の基準 3 : 濃いメイクと薄いメイクの中間

「濃いメイクと、薄いメイクの中間あたりかな」という人には、クリームタイプが◎。洗浄力の強さは、オイルタイプとミルクタイプの中間あたりで、比較的穏やかです。また、保湿力が高めなので、乾燥肌の人にもおすすめです。

おすすめの商品 1 : ソフティモ スピーディークレンジングオイル

created by Rinker
ソフティモ
¥453 (2021/09/23 00:11:00時点 Amazon調べ-詳細)

オイルタイプのクレンジングで、濃いメイクにもするりと馴染み、素早くオフ!マスカラクリア成分配合なので、ウォータープルーフのマスカラも、こすらずきれいに♪ 5種類の美容オイルが配合されているため、洗い上がりもしっとりなめらかな肌になりますよ。まつエクOK、塗れた手OK、さらにW洗顔不要なので、使い勝手は抜群です。

おすすめの商品 2 : ファンケル マイルドクレンジングオイル

メイク汚れだけではなく、肌のザラつきまで落とすのが特徴のクレンジングオイル。一瞬でメイクに馴染み、あっという間にするりときれい♪ 毛穴つるすべオイルにより、頑固な角栓や、隠れ角栓をきちんとケア。不要なものだけをオフし、必要なものは残してくれるので、うるおいはしっかりキープ。使い続けることで、乾燥による小じわを目立たなくする効果もあります♡(※1)

(※1)効能評価試験済み。外部の評価専門機関に、その効果を認められています。

おすすめの商品 3 : カウブランド 無添加メイク落としミルク

created by Rinker
カウブランド 無添加
¥651 (2021/09/23 00:11:02時点 Amazon調べ-詳細)

無添加・低刺激処方で肌への負担は抑えつつ、メイク汚れをスッキリ落とします。敏感肌向けの、ミルクタイプのクレンジング。塗れた手や顔でも使えるので、お風呂場に置いてもOK! 天然由来のセラミド(保湿成分)が配合されているため、お肌のうるおいも守ってくれます。詰め替えタイプもあるので、お財布にも優しいクレンジングですよ♪

おすすめの商品 4 : なめらか本舗 メイク落としミルク

created by Rinker
なめらか本舗
¥680 (2021/09/23 00:11:03時点 Amazon調べ-詳細)

ミルクタイプのクレンジングですが、クレンジング成分の絶妙な配合により、濃いメイクでも素早く落とせるのが特徴。敏感肌の人も安心な、無添加(無香料、無着色)処方です。さらに、美容液成分(※2)が88%も配合されているので、洗い上がりも、ふっくらやわらか肌になるのがポイント。300mlも入った大容量タイプで、惜しまずたっぷり使えるのも嬉しいですよね!

(※2)保湿成分(油性、水性)、水

おすすめの商品 5: オルビス オフクリーム

created by Rinker
オルビス(ORBIS)
¥2,290 (2021/09/23 00:11:03時点 Amazon調べ-詳細)

肌のうるおいをキープしたまま、メイク汚れをオフするクレンジングクリームです。しっとり感を保ちつつ、ウォータープルーフメイクもするりと落とします♪また、肌のうるおいを逃がさないセラミドネットワーク成分(※3)配合なので「クレンジング後は肌がつっぱる…」という人にもおすすめです。うるおいキープ&高い洗浄力が叶うアイテムですよ!

(※3)肌表面にうるおいを抱え込む膜をつくる保湿成分

まとめ

たっぷりの泡でクレンジングをする女性
肌への負担を減らすためにも、自分に合ったクレンジングを使うことは大切です。それを選ぶ基準の1つになるのが、メイクの濃さ。今回は「メイクが濃い・薄い・中間」の3つに分けて、それぞれのおすすめクレンジングをご紹介しました。気になるアイテムはありましたか? どんなメイクもスッキリ落として、きれいな素肌を維持しましょうね♪