おしゃれと思って着てたけど…実はデブ見えしてる秋コーデ4パターン

”おしゃれと思って着ていたけど、側から見たら実はデブ見えしてる”っていうコーディネートは意外とよくある話なんです。ここで質問です、「あなたの秋コーデは大丈夫?」着膨れしない、太って見えしないコーデ方法を、秋アイテムを使って紹介します。

あなたの秋コーデは大丈夫?実はデブ見えでしたなんて悲劇は避けて

スキニーのコーデ出典: WEAR

おしゃれだと思って着ていたものが、実はデブ見えしてたなんて悲しすぎますよね…。着る服が増える秋からは特にそんな悲劇が増えます。そうならないためにも、一歩間違えると太って見えやすい要注意アイテムと、正しいコーディネートを紹介します。

 

 

 

リブトップスのびたびた感は二の腕が心配

使い勝手が抜群で、困った時に頼りになる「リブトップス」はフィットするデザインが多めに登場中。そのまま1枚で着れなくはないけど、意外とお肉を拾っていることに気づいて!

 

リブニットトップス ぞぞ出典: ZOZOTOWN

ピタッとフィット感のあるリブトップスは、着回し力抜群で何着でも欲しいですよね。そんなリブトップスにも欠点が1つだけあるんです…それは体のラインが強調されること。世の中の女子は二の腕が特に気になっているのでは?

 

白のワイドパンツコーデ出典: WEAR

びたびた感が気になるリブトップスは軽めのアウターを一緒に着るのがおすすめです。がっつり着なくてもサッと羽織るだけで二の腕を隠せちゃうし、おしゃれっぽさも出せるので一石二鳥かも。パキッと明るい白デニム×黒のリブトップスコーデに、トレンドのミリタリージャケットを取り入れれば旬なスタイルが完成します。

 

 

 

スキニーパンツのお尻&太ももは隠してる?

年中無休で履きたいスキニーパンツは、すっきりした着こなしもいいけどちょっとお尻が強調されて地味にデブ見えしてるかも。おしゃれ&着痩せして見えるコーデをピックアップしました♡

 

スキニーデニム ぞぞ出典: ZOZOTOWN

シーズンレスに履けるスキニーパンツだからこそ、デブ見えに気をつけたいですよね。ピタッとしたシルエットはカッコがつくけど、お尻や太ももにも注意を払わないと大変なことになっちゃう。バランスよく履きこなしたいなら、上手にお尻と太ももをカモフラージュしてください!

 

ボアアウターのコーデ出典: WEAR

黒のスキニーパンツには、メンズライクなスウェット&今っぽいライナーコートを合わせてみて。上半身にたっぷりとしたボリュームがあることで、下半身がすっきりとして見えますね。このコーデなら無理してヒールを履かなくてもOK。ぺたんこ靴派さんも安心して楽しめるスタイルです。

 

シャツワンピ×デニムのコーデ出典: WEAR

こなれ感&着痩せの両方を手に入れたいなら、シャツワンピースにスキニーデニムをレイヤードしてみて。たっぷりとしたシルエットのワンピは、Vネックの仕様のおかげで抜け感が出てバランスのいいデザインです。そんなワンピにデニムをINすれば自然とお尻も太ももを隠せる、程よい大人カジュアルコーデにアップデートされます。

 

 

 

ダボダボスウェットにはワイドパンツはNGかも…

トレンドのダボっとしたスウェットはかわいいけど、失敗するとパジャマっぽくなるだけでなく太って見えがち。大人女子にそんなだらしないコーデはして欲しくありません。ということで、ダボダボスウェットの正しい着こなし方を紹介します。

 

グレーのスウェットzozo出典: ZOZOTOWN

ラフなスウェットは、かわいいだけじゃなくて着心地もいいし動きやすくてポイント高いですよね。でもそんなスウェットを定番のワイドパンツでコーデをしてしまうと、全体的にダボダボすぎてデブ見え&手抜きコーデっぽくなる最悪パターンになるかも。

 

赤のテーパードパンツのコーデ出典: WEAR

ちょいハードなゆるっとスウェットには、センタープレスの入ったきれいめパンツを合わせるとコーデがすっきりします。このパンツのように濃いめカラーなら、コーディネートの引き締めにも役立ってくれる。

 

ダボダボスウェットのコーデ出典: WEAR

古着っぽさがかわいいこのスウェットは、かなりのオーバーサイズ。タイトスカートにちょこっとタックインした着こなしが◎ウエストラインが見えてメリハリもつくし、後ろはスウェットがお尻を隠してくれるので自然と着痩せしたコーデが作れます。

 

 

 

トレンドのニットスカートは上半身にボリュームを持ってきて

この秋、人気爆発中のニットスカートにも要注意ポイントがあります。履くだけでおしゃれ度高めなこのスカートは、今まで挙げたどのアイテムよりもデブ見えする可能性大。うまく着こなすコーデをピックアップしたので、参考にしてください。

 

リブニットタイトスカート出典: ZOZOTOWN

ニットスカートならではの体のラインの出方に気をつけてください。はっきりくっきりお尻からのシルエットがわかっちゃいます。細い人が着ていてもそのラインが出ただけで、なんとなく太く見えませんか?ニットスカートを味方につけるには、上半身にボリュームを持ってくるのがル鉄則。

 

ニットタイトスカートのコーデ todayful出典: WEAR

大人っぽいリブのラップスカートは、ヴィンテージ風なTシャツを合わせてみて。Tシャツはインしたら、ブラウジングしてウエストラインを隠してあげるのが◎アウターにはオーバーサイズのデニムジャケットを選ぶとさらにボリュームが出ます。少し後ろに抜いて着こなしてあげるとこなれっぽい。

 

グリーンのニットタイトスカート出典: WEAR

キャッチーなグリーンのニットタイトスカートは、ちょっとスポーティーな着こなしがよく似合う。トレンドのBIGパーカーを合わせたら、ウエストをきゅっと締めてあげればコーデにメリハリがつきます。スポーティーだけど女っぽいハイクオリティなコーデはおしゃれ度がグッと上がっちゃう。

 

 

 

どうせならおしゃれと着痩せの両方をGETして

ニットカーディガンにワイドパンツの女性出典: WEAR

今回はデブ見え防止のコーディネートを紹介しました。ぜひこれを参考に、着痩せもおしゃれ見えも両方叶ったスタイルをGETしましょう♡

[記事公開日]2018.10.11 [最終更新日]2018.10.15

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県