読めない漢字

「臥薪嘗胆」ってなんて読む…?意外と読めない《四字熟語》4選

[記事公開日]2021.1.20

「臥薪嘗胆」ってなんと読むか分かりますか?この難しい漢字、実はある四字熟語なんです!今回はこの「臥薪嘗胆」のような難読四字熟語をご紹介していくので、読めるか確かめてみてくださいね♡

(1)「魑魅魍魎」

「魑魅魍魎」という四字熟語、なんと読むか分かりますか?この漢字、似た漢字が組み合わさっていてなんと書いてあるのかもよくわからなくなりますよね…!さて、予想できましたか?「魑魅魍魎」という四字熟語は「ちみもうりょう」と読みます。これは人間に害を及ぼす化け物のことを表した四字熟語となっています。「いろいろな化け物」というニュアンスで使われていることが多いんですよ。

(2)「虎視眈々」

「虎視眈々」はなんと読むか分かりますか?この漢字は「こしたんたん」と読みます。この四字熟語は、知っている方もいたのではないでしょうか♪「虎視眈々」とはトラが鋭い目つきで獲物を狙っていることに由来しています。なんとなく想像できますよね。書籍などでは目にすることが多い四字熟語なので覚えておくといいかもしれませんよ♡

(3)「曖昧模糊」

「曖昧模糊」はなんと読むか分かりますか?この四字熟語も知っている方が多いかもしれません…!さて「曖昧(あいまい)」は読むことができますが、そのあとはなんと読むでしょうか。分かりましたか?正解は「あいまいもこ」でした。「曖昧模糊」とは状態などがハッキリとせずあやふやな様子を表しています。恋愛関係においても使われることがありますよね。

(4)「臥薪嘗胆」

「臥薪嘗胆」はなんと読むか予想できましたか?この難読四字熟語は「がしんしょうたん」と読みます。「臥薪嘗胆」の意味は知っているという方もいるのではないでしょうか。これは「かたきうちなどの目的を達成するために苦労や苦心を重ねること」という意味です。座右の銘にも使われていることがありますよね。その場合は「かたき」というより、自分の目的を果たすという意味合いが強くなっていますね。

四字熟語、難しすぎる…!

今回紹介した四字熟語、正しく読めたものはありましたか?どれも難しいですが、日本人なら覚えておきたい四字熟語ばかりなので知らなかったものは覚えてみて♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事