死語になったJK用語

え、これって死語!?アラサー驚愕、今のJKは使わない「略語」4選

[記事公開日]2020.12.11

時代が変われば言葉も変わります。みなさんが使っているその言葉、実はすでに死語かもしれません…。今のJKに言っても通じないかも?!アラサー世代のみなさんビックリ!今のJKは使わない「略語」4選をご紹介します♪

(1)「写メ」

みなさんが知っている「写メ」は、カメラ付き携帯で写真を添付したメールを送ることで、それが携帯で撮る写真の総称となったものですよね♪今ではプライベートのやり取りのみならず、ビジネスシーンでもLINEやメッセンジャーが使われている時代です。つまり、メールで写真を送ることが無くなったため、「写メ」は今のJKには通じないんです…!今では「LINEで写真を送って」のように、そのまま「写真」と言うのが一般的となっています♪

(2)「ナウい」

「ナウい」という言葉、もうナウくないんです!「今〇〇しているところ」のことを「〇〇なう」と言ったり、「それ今っぽい」のことを「それナウい」と言ったりしましたよね。「ナウい」に関連する「なう」や「わず」、「うぃる」もよく使われていましたが、全般的にこれらの言葉は今のJK達の間では使われていないのです。つい最近まで流行っていた言葉でも、ネットが普及したことにより流行の変動はとても早くなりました。今では1年の前期後期の短いスパンでも、流行語が変わっていっているんです。

(3)「鬼コ」

たくさん電話をかける鬼コールの意味である「鬼コ」は、今では使われていても「鬼電」の方が多い様子。文面で見れば今のJKでもわかると思いますが、口語で聞くと伝わらないかもしれません…!「写メ」や「なう」にしてもそうですが、平成時代に略されていた言葉が元に戻っている傾向もあります。反対に、了解のことを「り」と言ったり、極端に短くなっている略語が多いのも特徴です!

(4)「とりま」

「とりあえず、まぁ」の略として大流行していた「とりま」ですが、今のJKの間では使われていません!言葉自体を知っていても、流行った時代が過去である言葉の場合、使いたくないと感じるみたいです。その中には「ケータイ」も使いたくないという声が多い様子。スマホが主流になった現代には似合わないのかもしれませんね。

今でも使っていませんか?

どんな言葉を使うかは人の自由ですが、今の流行りとそうではないものは知っておきたいですよね♪自分の中では普通に使う言葉でも、今のJK達にとっては死語になっている言葉があるかもしれません。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

今と昔ってこんな違うの!?アラサー世代が驚く「令和JK」とのファッションの違い4選

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事