白身フライ パッケージ まとめ用

業務スーパーの「白身フライ」が超便利!揚げ方・アレンジ方法を紹介!

[記事公開日]2020.11.18
[最終更新日]2021.1.29

今回購入したのは、業務スーパーの「白身フライ」です。 自宅で一から作ろうと思うと、魚の下処理や衣の準備などなかなかの労力と時間が必要です。しかし、その面倒な作業から解放してくれるこちらの冷凍「白身フライ」を味や価格はもちろん、アレンジレシピもご紹介します!

コスパが神レベル!《業務スーパー》の「白身フライ」

白身フライ パッケージ画像

整然ときれいに並んで袋に入っている「白身フライ」。業務スーパーのこの白身フライは、1枚29円という驚異的なコスパを誇っています。1つ1つの形や大きさに微妙な違いがあるものの、10枚入っています。パッケージを開けなくても中身がわかる安心感♪1枚の大きさが、夕飯のおかずでも十分満足できるほどのボリュームです。不揃いすぎて何枚入っているかわからないグラム表記の白身フライとちがって、この業務スーパーの白身フライは枚数で決まっているので家族でいただくときにも扱いやすいのも魅力♡

実際に揚げてみましょう♪

白身フライ 揚げ方

袋裏面には、➀170度のたっぷりの油で揚げる、②少量の油で揚げ焼きにする、この2つの揚げ方が記載されていました。今回はスタンダードに多めの油で揚げてみることに。170度に温めた油の中に、冷凍のままの白身フライを投入。鍋やフライパンの大きさにもよりますが、2枚程度が揚げムラもなく揚げやすいと思います♪

まずはシンプルにいただきます♡

白身フライ シンプルバージョン

まず最初は、白身フライ自体をそのままいただいてみることに♪なにもつけなくても、ほんのり塩気があってそのままでもおいしいです。あとは添えていたタルタルソースで王道に♡間違いないおいしさです。

アレンジ➀簡単南蛮漬け♡

調味液に浸すだけ!

白身フライ 南蛮漬け 調味液に浸ける

あらかじめ合わせておいた調味液にスライスした野菜を浸しておいたら、あとは白身フライを揚げたてそのまま投入♪一番手間な魚の下処理と衣付けを完全に省ける南蛮漬け、この白身フライの良さを最大限に活かせるアレンジですよね♡

浸け込んでおいたら翌日にも♪

白身フライ 2日目も楽しめる南蛮漬け
1日目は白身フライをシンプルにいただいて、2日目は1日漬け込んだ南蛮漬けで…など、2度楽しむのもいいかも♡

アレンジ②最強♡白身フライサンド

白身フライ タルタルサンドイッチ

サンドイッチやホットドック用のパンに、刻んだキャベツやタルタルソースと一緒にサンドするだけで、簡単絶品「白身フライサンド」の完成です。魚嫌いのお子さまも、これだとおいしく食べられちゃったりしますよね♪ホットサンドにしても間違いないと思います♪おうちではもちろん、お弁当としてピクニックに持って行ったり、キャンプの朝ごはんなどにもぴったりですよ♡

シンプルイズベスト!!

白身フライ パッケージ まとめ用

余計な味付けをせずにシンプルな白身フライだからこそ、いろいろ広がるアレンジ。《業務スーパー》の「白身フライ」は、コスパの面でも最強で、リピート間違いなしです♡

※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事