二人の将来の話をする

気づいてあげたい…!男性がふいに見せる「寂しいサイン」4選

[記事公開日]2020.10.12

彼がふいに見せる「寂しいのサイン」に気づけていますか?今回は言葉や行動など、男性が寂しいときに出しているサインをご紹介します。男だって寂しくなるときがあるんです!

連絡を取りたがる

男性が寂しいと思っているときは、ラインや電話をする頻度が多くなります。いつもは用事があるときにしか連絡してこないのに、「なにしてる?」や「電話できる?」など、なんでもない内容のラインがくるときは、寂しがっているサイン。女性も寂しくなるとラインしたり、電話して彼の声を聞きたくなったりしますよね。それは男性も同じなんです。そんなサインをしっかりキャッチして、大事な用件でなくても優しく接してあげてくださいね。

寂しさのあまり弱気になる

寂しいと気持ちまで弱ってしまう男性もいます。「今日は疲れた」や「今日仕事でこんな嫌なことがあったんだ」など、弱音を吐いたりネガティブな話をしたりするのは、彼女に慰めてもらって寂しい気持ちを解消したいから。心配されて、彼女の気持ちが自分に向いているのが分かると、安心感と嬉しさから孤独な気持ちが払拭されるんです。普段強気な彼や、仕事のグチをあまり言わない彼が、弱気になったときは要注意!

ふたりの将来の話をする

「寂しいからもっと一緒にいたい」そんなときに男性は、ふたりの将来の話をするようになります。「一緒に暮らそう」と言い出したり結婚や子どものことなど、これからあなたとの将来の話をしたりすることで、幸せな気持ちで心が満たされ、寂しい気持ちを紛らわすことができるからです。そんな彼のサインに気づけたら、あまり現実的になりすぎず、優しく話を聞いて彼の気持ちに共感してあげましょう。

スキンシップが多くなる

男性が、寂しい思いをしているときによくする行動は、ボティタッチです。彼女とスキンシップを取ることで、癒やしや安らぎを感じることができるから、腕を絡ませたり腰に手を回したり、ボティタッチが多くなります。「今日はすごくくっ付いてくるな」と感じたら、寂しいのサインですよ。特にもともとあまりスキンシップをとらない男性がこのような行動をしてきたら、それだけ寂しさが募っているという証拠なので、優しく包み込んであげてくださいね♡

彼の寂しさに気づいて♡

二人の将来の話をする
女性に比べると、感情を表に出すのが苦手な男性。「寂しい」のサインを見逃さずにしっかりキャッチできると、彼にもっと優しく接することができ、今まで以上に素敵な関係を築くことができますよ♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事