告白寸前?!彼に「付き合ってください」と言わせるためのテクニック4つ

[記事公開日]2020.8.27

好きになった男性には相手から告白してほしいものですよね。今回は彼に「付き合ってください」と言わせるためのテクニックの紹介です!

あなたに好意があることを伝える

男性でも告白して振られることは怖いもの。勇気を振り絞って告白をしたのに、振られたら単純にショックですし、気まずいし、落ち込みますよね。自分が傷つきたくないから、告白できない…そんな男性心理には、あなたからもっとアピールしていきましょう。「あなたみたいな人がタイプなんだよね」とか「あなたと付き合う人は幸せなんだろうな、いいな」など、「私もあなたに好意があるんですよ」ということをもっと分かりやすくアピールしてあげましょう。

ラインのやりとりはハートマークを多用する

嫌な相手にハートマークはまず使わないですし、ハートマークがあると嬉しくなりますよね。男性は単純なので、ハートマークをたくさん使ってアピールしちゃいましょう。文章も素っ気ないものではなく、ほかの絵文字も使ってかわいい文面にするとよりいいですね。ハートマークを使って、彼に「もしかしてこの子、俺のこと好き…?」と思わせましょう!

周りに応援を頼む

もし、共通の知り合いがいるのなら、ぜひその人に協力をしてもらいましょう!その人に「○○くんと付き合いたいと思っているんだけど、それとなく私の気持ちを伝えてくれない?」と頼んでみましょう!告白したいけどできない彼には、大きな後押しになりますし、仮にあなたに興味がなくても、そんなことを言われたら意識せざるを得ないですよね。知り合いがいるのなら、この手がおすすめです!

それとなく雰囲気をつくる

彼と二人っきりの時間を過ごしましょう。落ち着いたお店で、ゆっくり話ができるところで、お酒も少し飲みながら、いい雰囲気をつくりましょう。また、夜のお散歩に出かけたりするのもいいですね。静かで大人な空間をつくることで、彼が告白しやすいムードをこちらから用意してあげましょう。

告白しやすいようにあなたも協力的に

あなたに本気であればあるほど、彼も緊張して臆病になっているはず。そこはあなたも、彼が告白しやすいような雰囲気に持っていってあげましょう♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事