え、これって死語なの…?アラサーが驚愕する令和JKは使わない「略語」4選

[記事公開日]2020.8.14

時代とともに移り変わる流行語。さまざまな新しい言葉が生み出される中で、みなさんが当たり前のように使っていた言葉はもう使われなくなってきています。今日はそんなアラサーが驚愕する令和のJKは使わない『死語』をご紹介!

朝シャン

朝にシャワーを浴びることを『朝シャン』と呼びましたよね。今でこそ当たり前になった朝にシャワーを浴びるという習慣ですが、始まりは1980年代頃だったんですね。海外から取り入れたさまざまな文化の中で、若者たちがこの部分をフィーチャーしました。たっぷり時間をかけて朝の準備をしながらブローなどをして、フワフワの髪を作るのに朝シャンは欠かせません。

マブダチ

親友やとても仲のいい友達を『マブダチ』と呼んでいましたよね。これも今となっては死語なんです….しかし、その片鱗が残っている言葉として『マブ』という言葉も!意味は『マブダチ』と同じです。今の女子高生は『マジで?』と聞く時も『マ?』と言ったりするほどなので、その略し方は相当パワーアップしているんです。

写メ

「写メ送ってね!」と、何気なく使っているこの言葉も、実は若者にとっては死語なんです。そもそも現代のJKにメールの文化がありません。画像のやりとりは、すべてラインやAirdropで行っています。ガラケー時代はもうとっくに過ぎてしまっているんですね…

KY

『KY』は空気読めないの意味でよく使用されていましたよね。しかし、これも今となっては死語になってしまいました…「つい最近まで使っていたよね?!」と感じた方もいらっしゃるかと思いますが、そんなこともありません。流行したのはもう10年前くらいになるのではないでしょうか…時代の流れや流行りは一瞬ですね。

もしかしてその言葉『死語』かも?

今日は、令和のJKは使わない死語をご紹介しました。いつの時代も、最先端の言葉を生み出すのは女子高生や若者たちなんですね。ときに死語となった言葉たちを懐かしみながら、新しい言葉に触れてみるのも楽しいかもしれません♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事