「CU」「Bday」SNSやメールでよく見る!英語の略語4選

[記事公開日]2020.8.14

私たちが使っている日本語は、短く略して使うことも多いですよね。そんな略語、実は英語にも存在しているんですよ…!今回はSNSやメールで使うこともある英語の略語をご紹介していきます。

英語にも略語が存在する?

日本語には日常生活で使っている略語がたくさんありますよね。たとえば「コンビニ」これも元はといえば「コンビニエンスストア」ですよね…!なにげなく使っている言葉ですが、実はこんなふうに略語を使っていることは意外と多いんです!そしてその略語は、日本語だけでなく英語にも存在しているんですよ♡今回は英語の略語の中でも、メールなどのビジネスシーンで使うこともある言葉をご紹介していきます。

(1)「Bday」

「Bday」この英語、なんの略だかわかりますか?「day」はなんとなく、なにかの日を表していることがわかりますよね。そして「B」は「birth」、つまり「Bday」=「birthday」を表しているんですよ♡SNSでは、自分の誕生日であることをアピールするために使うんだとか。

(2)「CU」

「CU」これはなにを表しているかわかりますか?なんだか特別な業界用語のような気がしているかもしれませんが、そうではありません…!このローマ字を音読してみると「シーユー」になりますよね。もうわかりましたか?そうです!「see you」になるんです…!

(3)「BRB」

「BRB」という英語、どんなことを言っているかわかりますか?この略語はビジネスシーンで使われることが多いんですよ…!これは「be right back」の略。意味は「すぐに戻ってくる!」です。チャットなどを使って話しているときに、一度その場を離れるタイミングなどで使います。

(4)「HMU」

「HMU」これもビジネスシーンでよく使われる略語。「Hit Me Up」の略で、「連絡してね」という意味です。用件を伝えて連絡が欲しいことがある場合、「HMU」と一緒にメッセージを送ることが多いですよ♡

英語の略語、意外とおもしろいかも♡

略語は日本語だけ…そんなイメージがありますが、英語にも略語がありましたね♡英語は文字数が多いので簡単にしたいということから、使われるようになっていったんだとか。みなさんも機会があったら使ってみてくださいね!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事