「各々」=「かくかく」って読んでないよね?意外な「正しい読み方と意味」を解説

[記事公開日]2020.8.08

「各々」という漢字、正しく読めますか?ビジネスメールでよく使われる言葉なので、正しく知っておきたいですよね。「各々」の正しい読み方と意味を解説していきます。

「各々」の正しい読み方

「各々」は正しくは「おのおの」と読みます。「かくかく」と読んだ方もいるのでは?「各」を「おの」と読み、「重ね字」「踊り字」と呼ばれる「々」を用いているので繰り返して読みます。「々」は漢字を繰り返すときに使われる、特殊記号の一種です。

「各々」の意味と使い方

各々の意味は「ひとりひとり」「個人個人」などひとりの人を指します。各々を使う場面は、複数の人がいることが前提で、複数の人に対して「あなた方ひとりひとりが」という意味で使いますよ。反対に複数いる全員を指すときは、「みなさん」「全体」の言葉が使われることが多いです。

「各々」の類語「それぞれ」「各自」の使い分け

各々の類語には、「それぞれ」「各自(かくじ)」があります。「それぞれ」は二つ以上の人や物を指す言葉ですが、やや大まかで各々よりは重みにかける表現です。日常会話で大枠を指す場面では使いやすいですが、ビジネスシーンや相手によっては、各々のほうが無難でしょう。「各自」は人に対してのみ使う言葉で、意味は各々と同じです。「それぞれ」よりしっかりした印象で「各々」では重いとき、日常的に使用しやすいですね。ビジネスシーンではややカジュアルな表現になってしまうので、控えた方がベターです。

「各々」の敬語表現を覚えておこう

各々の敬語表現は「皆様」です。各々では敬語表現にならないので、目上の人や丁寧に使いたい場面では「皆様」や「皆様方」を使うようにしましょう。さらにひとりひとりにフォーカスをあてるなら「皆様方ひとりひとり」を使用します。ちなみに、時代劇などで「各々方」(おのおのがた)という表現がありますが、現代では一般的でないので使わないようにしましょうね!「各々」では軽すぎて失礼にあたるのではないか…と不安な場面では、「皆様」「皆様方」の敬語表現を用いるといいでしょう。

「各々」を正しく使おう◎

「各々」という漢字、正しく読めましたか?言葉ひとつでも、似た言葉や使い分けに迷う場面がありますよね。正しく使用すれば、スマートな印象を与えることができます。しっかりと覚えておきましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事