「漸く」=「しばらく」って読んでない?正しい読み方と意味はコレ

[記事公開日]2020.6.12

あなたは「漸く」を「しばらく」って読んでいませんか?読み間違われやすいのですが、「漸く」は「しばらく」とは読みません。なら、正しい読み方は何と読むの?と思った人のために、今回は「漸く」の読み方と意味を解説していきます。

「漸く」の読み方

「漸く」の正しい読み方は「ようやく」です。意味は、「時間がかかった後に、待っていたことが実現するさま」を表します。たとえば、「漸く(ようやく)美容院をオープンした」「漸く(ようやく)夢が実現する」のように使います。類語には、「やっと」「なんとか」「どうにか」があります。

「漸く(ようやく)」の語源

「漸く(ようやく)」という漢字をよく見ると、川をあらわす「氵(さんずい)」と、刃物などを使って斬るという意味の「斬」から成り立っていることがわかります。水の流れを斬るのは簡単ではないですよね。そういった実現しづらいことを、やっとのことで実現した、ということを表したのが「漸く(ようやく)」になります。

「漸く(ようやく)」の使い方

「漸く(ようやく)」は、長い間待ちのぞんでいたことが実現したときに使われます。たとえば、「漸く(ようやく)マイホームを購入することができた」のように使います。ほかには、ある状態に至ることも表します。たとえば、「寒さも漸く(ようやく)和らいできたが、朝晩はまだ冷える」といったように使います。また、「かろうじて」というニュアンスで使うことも可能です。たとえば、「漸く(ようやく)間に合った」のようにも使えます。

「漸く(ようやく)」を英語で言うと?

「漸く(ようやく)」を英語で言うと、「finally」です。また、「at last」も「漸く(ようやく)」の意味で用いられます。「finally」はいいことと悪いことのどちらにも使われますが、「at last」は基本的にいいことのみに用いられます。

「漸く」の正しい読み方と意味を理解しよう◎

今回は「漸く(ようやく)」の読み方と意味を解説しました。「漸く」という字は見慣れないので、ぱっと見は読みづらいですよね。ですが、漢字が何から成り立っていて、何をあらわしているか?を意識すれば、意味がわかって読みやすくなるかもしれませんよ♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事