小さめ・大きめを使い分けて!おしゃれなスカーフの巻き方・結び方5つ

おしゃれな人がコーデに積極的に取り入れているスカーフのこなれたアレンジの数々。首や手首に巻いたり、ベルト代わりにしたり、バッグに結んだり…使い方は無限!小さめ・大きめスカーフ別に、今やりたい5つの巻き方&結び方を紹介するのでマスターしてみて。

こなれ見え確実!おしゃれなスカーフの巻き方・結び方アイデア

華やかな柄が多く、シンプルコーデのアクセントの役割を果たしてくれるアイテムといえばスカーフ。最近特にスカーフを使ったおしゃれアレンジが人気になってきています!

 

簡単にできてテクニック要らず、なのに凝った仕上がりに見える♡今回はそんなスカーフアレンジをご紹介。いつものコーデにマンネリしてきたらスカーフの出番かもしれませんよ。

 

 

 

小さめ&細めのスカーフは華奢ゾーンにぴったり

50cm〜60cm正方形のスカーフや細長いタイプのスカーフは、首や手首などを彩るのにぴったりのサイズ感。大判スカーフだとどうしてもぐちゃぐちゃになってしまったり、長すぎたりすることも…。あらかじめ小さめ&細めを選んでおくことでグッとアレンジしやすくなります。

 

 

使い方①首巻きは基本中の基本!

スカーフを手に入れてまず試してみて欲しいのが首巻きコーデ。細めのスカーフなら折らずともおしゃれに取り入れることができるんです。

 

 

結ぶ代わりにリングを通して

結ぶよりも簡単なリング通しは簡単にきれいな形を作れるのでおすすめ。細めのリングで控えめな印象にしても、モチーフのついたリングでコーデに花を添えても◎

 

 

簡単華やかな二重巻き

二周ほど首に巻いてサイドでちょこっと結んだスタイルもクラシカルでおすすめ。首元が開いているトップスのときにこの巻き方をすると一気に旬な雰囲気になりますよ。サイドで固結びが簡単にこなれ見えする結び方です。

 

 

使い方②手首に巻いてアクセ代わりに

手首にぐるっと巻けば即席のアクセサリーに!チェック柄などのわかりやすいものを選べばシンプルなコーディネートのアクセントにもなってくれます。ポイントに結び目は長めに残しておくと◎

 

巻き方

①バイアス折りにしたスカーフの上に手首を置く(中心よりもやや左側に手首を置くと、巻いたときのバランスが取りやすい)
②右側のスカーフを持って手首に二重〜三重巻きします。
③右側のスカーフの端を左側のスカーフ側に寄せてから、取れないようにきつめに結びます。結び目は一つで大丈夫です。

 

片手で結ぶ作業になるのではじめは少し難しいですが、慣れてしまえば2分ほどでできますよ。

 

バイアス折りの詳しいやり方は↓

この記事もチェック

 

 

 

大きめスカーフはばっちりファッション小物として使える!

70〜90cm前後の大判スカーフは、コーデ全体のアクセントに使える優れもの。思い切って大胆な柄を取り入れて雰囲気をガラリと変えちゃいましょう!

 

 

使い方③派手柄はウエストマークにぴったり

レオパード柄などの派手な柄はシンプルなワンピースのウエストマークにぴったり。Tシャツやブラウス、寒い時期はニットの上から巻いても洒落て見えます。結び方に決まりはないので、スカーフの柄やコーディネートによって変えてみて!

 

巻き方・結び方

①バイアス折りした大判のスカーフを腰からウエストに回します。
②ウエストの一番細いところできつめに一回結んだ後、サイドに寄せて片結びにします。

 

リボン結びや固結びなど、結び方で印象が変わるので好きな方法で楽しんでみてくださいね。

 

 

使い方④シンプルバッグのアクセントにも

インパクトのある色や柄はバッグの彩りにも使えます。シンプルなハンドバッグの持ち手にぐるぐる巻けば簡単にイメチェンが叶いますよ!両端が残るようにバランスを見ながら巻くのがコツです。

 

レトロなドット柄スカーフはかごバッグのハンドルに巻きつけて、大人かわいい雰囲気を後押しさせてみるのもいいかも。ただ結んで垂らすだけでも印象がガラリと変わるのでぜひ試してみてくださいね。

 

 

巻き方・結び方

①バイアス折りにしたスカーフか、縦長のスカーフの片端をハンドルの付け根に結ぶ(スカーフの端はあえて長めに残しておくのがポイント。固結びにすると取れにくい
②反対側のハンドルの根元を目指すように残ったスカーフを巻きつける(途中でスカーフが足りなくなる恐れがあるので、スカーフの幅を調整するなどバランスを見ながら巻くと良い)
③①と同じように付け根で固結びをして固定する

 

 

使い方⑤ビスチェもできる優秀さ!

大判のスカーフを三角形に三つ折りしたもの二枚をフロントで結ぶだけのスカーフビスチェは簡単なのにこなれて見える!とおしゃれさんの間ではすでに話題に。なんとなくいつものコーディネートに飽きて来たらチャンス。結んで形を整えるだけなのでぜひ実践してみて!

 

スカーフの幅を変えるだけでも印象が全然違って見えるので、自分にぴったりの黄金バランスを見つけ出してみてくださいね。

 

ビスチェアレンジの詳しいやり方は↓

この記事もチェック

 

 

 

いろんなスカーフを揃えて楽しみたい!

一枚あれば無限に楽しめてしまうスカーフアレンジで、あなたもこだわりおしゃれさんにステップアップしちゃいましょう!

[記事公開日]2018.10.19 [最終更新日]2019.3.15

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング