ちょっとぐらいいっか…!浮気をする人のあるある思考4つ

[記事公開日]2020.7.24

あなたの周りには付き合っている相手がいるにも関わらず、浮気をしている人はいますか?自分はしていなくても、浮気している友達ならいる...という人は案外多いもの。今回は浮気する人の思考にスポットを当ててご紹介。ちょっとぐらい、なんて甘い考えでも、浮気は浮気ですよ!

(1)その場の雰囲気に流される

浮気する人の特徴として、「人に影響をされやすい」「良くも悪くも雰囲気に流される」といったことが挙げられます。たとえば彼氏持ちと分かっていながらちょっかいを出す先輩。一晩くらいならいいかな?と思い「今夜空いてる?」と悪びれず食事のお誘いを仕掛けます。流されやすい人はここで、先輩かっこいいし、いい雰囲気だから…とすんなりOK。今日は彼と会えないし、誘われているので一晩くらいなら♪と流されてしまうとのこと。彼を裏切るなんて罪悪感は微塵も感じないようですね。

(2)とにかくだらしない

制服の乱れは心の乱れ。校則に従わせるために学校の先生が言う言葉ですが、身なりが乱れていると心まで乱れる、というのは一理あるかもしれません。服装がだらしない、時間や物事の決まりにルーズな人は、そもそも浮気のボーダーラインも曖昧。悪いかなーなんて思いながらも、ま、いっか!というその場しのぎの思考で浮気をするようです。不特定多数の人との浮気もお構いなし。身の回りのケアをできない自分本位なタイプなので、なかなか治らないのかも。

(3)昔の恋人と切れていない

SNSで気軽に繋がれる世の中。元恋人とも何らかの形で繋がっている人も多いですよね。一度は好きになったもの同士、分かり合えたこともあったはずですが、過去は過去。しかし、浮気をする人はここで過去の記憶を美化しがち。仕事のミスで落ち込んでいるときや今の恋人とケンカしたとき、ふと心の隙間に元恋人を思い出してしまうとか。連絡を取り、会ってしまったらもうおしまい。悲しみとは逃げることなくきちんと向き合い、異性ではないもので解決できたらいいですね。

(4)熱しやすく冷めやすい

流行りのものにすぐ飛びつき、飽きたらポイッ!あんなに熱心だったのに、もう冷めたの?!という人っていますよね。男女関係においてもそのような人は、好奇心旺盛なので浮気をしがち。常に新しい刺激を求めているので、付き合っていくうちに「なんだか今の恋人はつまらない」と飽きてしまうんだとか。またマンネリのシチュエーションが嫌ということで浮気をすることも。”浮気をしている背徳感を楽しむ”という、スリルを味わう人もいるようです。

浮気で失う代償を考えて

浮気をしない人からしてみれば一切理解しがたい思考でしたが、浮気をする人のあるある思考を4つご紹介しました。価値観の相違は見逃そうとしても、必ず将来壁になります。もし恋人がこのような思考なら、付き合っていくのは考えた方が良さそう。また、自分自身がこのような思考の人は、浮気によって相手が傷つくことをしっかり考えるようにしましょう。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事