重い女は苦手かも…彼と関係が良好になる「一途な女」になるコツ4つ

[記事公開日]2020.7.24

    大好きな彼とは、良好な関係を続けていきたいですよね。1日でも長く彼のそばにいたいなら、「重い女」だなんて思われず、自分のことを理解してくれる「一途な女」として支えてあげるのが大切。言葉選びや考え方のコツがあるので、しっかりと頭に入れておくのをおすすめします!

    (1)デートをキャンセルされたとき

    明日は楽しみにしていた彼とのデート。ワクワクしているところに、1通のLINEが。「ごめん。明日仕事が入ってデート行けなくなった」とキャンセルの連絡…。重い女性はここで相手を追い詰めます。「なんで?本当に仕事?浮気じゃないよね?私と仕事どっちが大切なの?」などと怒涛のLINE。しかし一途な女はグッと気持ちを飲み込みます。「仕事なら仕方ないよね。無理しないでね」と受け入れつつ労いの言葉をかけてあげると、彼の心にグッと響きますよ。

    (2)女性がいる飲み会に参加したとき

    仕事の付き合いなどで会食は避けられないもの。女性がいることもありますよね。しかし重い女は許しません。機嫌が悪くなり疑心暗鬼な気持ちから鬼LINE。「今どこで飲んでいるの?いつ帰ってくるの?」と嫉妬にまみれた気持ちを抑えられません。一途な女はどっしり構え「もしおいしいお店だったら教えてね。一緒に行こうね」と笑顔で送り出します。もちろん心配な気持ちはありますが、自分もおいしいもの食べようっと♪と、前向きにとらえることができるのが一途な彼女になるマインドです。

    (3)すべての時間を彼優先にしない

    重い女は彼との時間を何がなんでも優先するため、ほかの予定をドタキャンしてまでデートに行きます。頭の中が彼でいっぱいなので、友達とお出かけしたり自分の時間を楽しむ余裕がありません。彼からしたら「全部の時間を自分に求められているようで重い…」と感じるそう。一途な女は彼と過ごす時間はもちろん大切ですが、それ以外にも楽しい世界があることを知っています。彼との時間以外も趣味や自分の時間を充実して過ごすことができるので、気持ちにゆとりが生まれますよ。

    (4)自分本位か思いやりか

    仕事の忙しさや体調不良によりなかなか会えない日が続いたとき、「重い女」と「一途な彼女」の違いが露骨に表れます。重い女はとにかく自分本位。私はこんなに悲しい!私は仕事より彼を優先しているのに!とすべて自分基準で考えています。一途な彼女は相手への配慮が先。「最近会えてないけど体調大丈夫?好きな〇〇見つけたから今度渡すね」など、自分の気持ちより彼への思いやりが優先。彼は「やっぱり俺にはこの子しかいない」とあなたのことを大切に感じますよ。

    おだやかで一途な女を目指そう♪


    彼への強すぎる依存は精神的な束縛に感じ、彼からしたら「重い女」になってしまうかも。お互いの時間を大切にできる「一途な女」こそ、末永く一緒にいられますよ。一途な女のマインドを持って、彼とのお付き合いを楽しく過ごしてくださいね。

    ※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

    PICK UP

    ライフスタイルのピックアップ記事