完全に惚れ直した…《倦怠期も吹っ飛ぶ》彼女の言動4選!

[記事公開日]2020.7.08

付き合いが長くなると訪れる倦怠期。「付き合いたてはあんなにラブラブだったのに…」と悩んでいませんか?今回は、「倦怠期も吹っ飛ぶ彼女の言動」を4つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

初デートの場所に行く

付き合って間もない頃に訪れたデートスポットや、思い出のデート場所に出かけると、男性は当時を思い出してグッとくるものです。付き合いたてのトキメキや楽しい思い出が蘇って、男性は新たな気持ちで彼女と接することができます。彼と倦怠期かも…と不安に感じたときは、「そういえば初デートで◯◯に行ったよね!」と話題を振って、2人で当時の気持ちを思い出すといいかもしれません◎

感謝の気持ちを伝える

付き合いが長くなるにつれて、感謝の気持ちって口に出しにくくなりますよね。ですが、倦怠期のときこそ相手に感謝の気持ちを伝えましょう。「でも、長い付き合いだし…言わなくても相手に伝わってると思うんだけど…」と思うかもしれませんが、倦怠期を迎えたときこそ、”ありがとう”をちゃんと言葉にして伝えるべきです。そうすれば、お互いに相手の存在のありがたみを感じることができます。

イメチェンする

イメチェンも、倦怠期を乗り越える方法の1つです。彼女のメイクや髪型、服装が変わると、男性は見た目の変わりようにドキッとすることが多いようです。「あれ、俺の彼女ってこんなにかわいかったっけ!?」と、惚れ直す可能性も◎また、イメチェンは彼女側も新たな気持ちになれるので、それもメリットと言えます。

2人の新しい趣味を見つける

最後は、「2人の新しい趣味を見つける」です。倦怠期に陥ると、話すネタに困って会話が弾まない…ということがありますよね。そんなときは、2人の新しい趣味を見つけると盛り上がります。たとえば、「一緒にアウトドアを楽しむ」「ひたすらDVD鑑賞をする」などです。2人に共通する趣味ができれば一緒に過ごすことが楽しくなるので、倦怠期も乗り越えやすくなります。

倦怠期を乗り越えるために♪

今回は、倦怠期も吹っ飛ぶ彼女の言動を4つ紹介しました。付き合いが長いカップルに倦怠期は付き物です。もし倦怠期を迎えたときは、初心に戻ってみてください。きっと、付き合った当時の想いや愛おしい気持ちが蘇ってくるはずです♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事