「ぴえんこえてぱおん」って何…令和の若者が使うJC・JK用語まとめ

[記事公開日]2020.7.17

「ぴえんこえてぱおん」この言葉、聞いたことありますか?実はこれ、JCやJKの間で流行っている言葉なんです。今回はそんなJC・JKの流行りの用語をご紹介していきますよ♪

「ぴえんこえてぱおん」

「ぴえんこえてぱおん」ってどういうこと?と思う人が多いのではないでしょうか。これは、若者たちの中で流行っていた「ぴえん」という言葉が関係しています。「ぴえん」は、携帯の絵文字にある目がキラキラしているもののことを指していて、ちょっとしたことに対して「悲しい」という気持ちを表すときに使う言葉です。この「ぴえん」を通り越したという意味で使うのが「ぴえんこえてぱおん」です。どこから流行りだしたのかは不明ですが、考えた人はすごいですよね…!

「○○しか勝たん」

「○○しか勝たん」は「○○が一番」「○○に勝てるものはない」という意味です。自分の推しのアイドルや、食べ物などを当てはめて使います。似ている言葉には「○○は正義」なんてものもあるんだとか。由来や使い始めた人は不明ですが、もともとはアイドルを追っている人たちが使い始めて、そこから人以外にも当てはめるようになったのではと言われていますよ♪

「397」

「397」これは何を表しているのか分かりますか?これは、「4649」のような語呂合わせの言葉です。ということはもう分かりましたね!これは「サンキューな」と言っているんです…!インスタグラムに画像をアップするときなどに、感謝を伝える内容で「ありがとう」の代わりに「#397」を使います。同じような使い方の言葉には「#3150」もありますよ♪これは「サイコー」と言いたいときに使います…!

「おしゃピク」

「おしゃピク」は「おしゃれなピクニック」を略した言葉で、10代がフォトジェニックなピクニック写真を撮ったときや、撮りたいときに使う言葉です。インスタグラムのハッシュタグでも検索すると、工夫が凝らされている写真たちを見ることができますよ♪

JC・JKの用語は発想力がすごい

10代は、大人が考えないような新しい言葉をたくさん流行らせていますよね…!その頭の柔らかさはいつからなくなってしまったのかと感じるほどです…。機会があれば使ってみてくださいね!

NEW POST

ライフスタイルの新着記事

宅食バナー