「兀兀」=「ぱいぱい」…?難読漢字の《正しい読み方と意味》はコレ!

[記事公開日]2020.7.08

今回は「兀兀」の正しい読み方と意味を紹介します。あなたは「兀兀」の読み方を知っていますか?「ぱいぱい…?」と思った人は、正解を記事中で説明していますのでぜひチェックしてみてくださいね!

「兀兀」の読み方と意味

「兀兀」の読み方は「ぱいぱい」ではなく、「こつこつ」となります。「兀々」とも書きます。意味は「着実に物事を行うさま」「地道に働くさま」を表します。「兀兀(こつこつ)と努力する」「兀兀(こつこつ)と貯金をする」「兀兀(こつこつ)と仕事を進める」のように使います。ちなみに「兀」一文字だと、「高く突き出ているさま」や、「髪をそった頭」などを表す漢字になるそうです。「兀い」で「たかい」と読みます。音読みは「コツ」「ゴツ」です。「兀兀」は、努力をして高みを目指す、といった意味も含んだ言葉になります。

「兀々」のように「◯々」を使った漢字

日本語には、「兀々」のように「◯々」と表す漢字がたくさんあります。たとえば「苛々」「上々」「個々」「共々」「中々」などです。「苛々」は「いらいら」と読みます。意味は、「思い通りに物事が進まず、神経が高ぶるさま」です。続いて「上々」の意味は「非常にいいこと」、個々は「それぞれ」、共々は「一緒にあることをするさま」、そして「中々」は「それなりに、ある程度」となります。ほかにも「並々」「人々」など、たくさん存在します。

「兀兀(こつこつ)と」を英語に訳すと?

「兀兀(こつこつ)と」の主な英訳は、”steadily”があります。たとえば、「兀兀(こつこつ)と貯金する」は、”save money steadily”となります。ほかには”untiringly”も「兀兀(こつこつ)」という意味があります。

「兀兀(こつこつ)」の類語

「兀兀(こつこつ)」の類語には、「着々」「徐々」「どんどん」「黙々と」「地道に」「あくせく」「一歩一歩」「粘り強く」「根気よく」などがあります。

難読漢字が読めると自慢できるかも!?

いかがでしたか?今回は「兀兀」の読み方や意味、類語などを解説しました。普段使い慣れている言葉でも、漢字になると途端に読めなくなるものって多いんですよね。知っておくと、友達に自慢できちゃうかもしれませんよ♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事