「黒子」=「くろこ」じゃない…?読めそうで読めない漢字4選

[記事公開日]2020.7.03

突然ですが、みなさんは「黒子」という字を読むことはできますか?実はこれ、「くろこ」ではないんです!このように、世の中には読めそうで読めない漢字が意外にも多くあるんです。今回は、そんな漢字を厳選して4つピックアップしてみました。

「黒子」の読み方

「黒子」は「ホクロ」と読みます。「くろこ」と読んでいた方も意外と多いのではないでしょうか?確かにホクロは黒い点のような見た目をしているので、イメージ的には覚えやすいですよね。これを機に知識をアップデートしましょう!

「出納」の読み方

こちらは「すいとう」と読みます。お金の管理をする際に使われる、ちょっとした専門用語のようなもの。経理や会計の方はよく目にする言葉ですが、職業柄このような漢字には出会わない方もいますよね。しかし、文具コーナーに「出納帳(お金の出し入れをまとめる手帳)」と書かれたノートが売っていたりなど、意識してみると目にする機会も多い漢字なんです。

「返戻」の読み方

「返戻」は、「へんれい」と読みます。こちらは保険業界や医療業界において頻繁に使用される言葉なので、目にする機会も多いのではないでしょうか?たとえば、保険の「解約における返戻金」などと使われることがあります。

「進捗」の読み方

こちらは「しんちょく」と読みます。簡単に言うと、「物事の進み具合」という意味です。たとえば、「頼んでおいたプロジェクトの進捗はどうですか?」などと使うことができます。比較的使いやすい言葉なので、ビジネスシーンに限らず日常でも使っていきましょう!

日頃からもっと漢字に触れよう!

便利な世の中になっていく一方で、文字や漢字に触れる機会がグンと減ってしまったここ数年。自分で意識していかなければ、どんどん読めない漢字も増えていってしまいます。また、文章に触れることで動画や写真からは得られない想像力を養うこともできるんです。この機会に、もっと文字に触れる生活にシフトしてみるのもおすすめです。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事