《ちょっとやりすぎかも…》やってしまいがちな勘違いメイク

[記事公開日]2020.6.30

「今日ちょっと化粧が濃すぎたかも…」と思ったことはありませんか?多くの女性が一度は思ったことがあるやりすぎメイク。今回は、どんなメイクがやりすぎしてしまったと思っているのかまとめました。この記事を読んで、自分の化粧と見比べてみてくださいね。

化粧をやりすぎてしまった…と思ったときありませんか?

みなさんはメイクをしたとき、少し濃くしすぎてしまったかも…と思ったことはありませんか?つい気合いが入ってしまい、気がつくとなんだかいつもよりお化粧が濃いかも…と思ったことがある人も多いはず。世の中の女性がついやってしまう、ちょっと盛りすぎてしまったメイクを見ていきましょう。

違和感がある瞳になってしまう「カラコン」

カラコンは瞳を大きくしてくれるため、目力もアップし印象的な目にしてくれとても便利ですよね♪おしゃれ女子なら何種類ものカラコンを持っている人もたくさんいるはず!しかし、極端に目が大きくなってしまうカラコンを付けていませんか?もしかしたら周囲の人が「瞳が大きすぎて不自然…」と違和感を感じているかもしれません。自分で少し派手なカラコンだなと思ったら、ナチュラルな瞳を作り出せるシンプルなカラコンを選びましょう。

唇を強調しすぎた「赤リップ」や「たっぷりグロス」

リップメイクはお化粧のなかでも大切なポイントですよね。重要だと思っているからこそ、ついつい濃くなってしまいがち。よくあるのが赤の発色が強すぎる口紅や、ぷるぷる唇を狙いたっぷりとグロスを塗ってしまった唇。やりすぎてしまうと唇だけが浮いてしまい、顔全体のバランスが不安定になってしまいます。リップメイクは、お化粧の最後にするようにして、その日のコーデやヘアスタイルに合わせてカラーやグロスの量を調整しましょう。

幼くなりがちな「塗りすぎチーク」

暗い場所でメイクをしているとついやってしまいがちな厚塗りチーク。光の加減によってもチークの発色が異なるため、加減がむずかしいですよね。そんなときは、明るい場所でチェックをしたり顔にライトを当てて、色をチェックするように心掛けると、やりすぎを防ぐことができますよ♪

やりすぎメイクに気をつけて大人の自然な美しさを!


きれいに見せたいからこそ、ついやってしまう「やりすぎメイク」をご紹介しました。みなさんも思い当てはまる点があったのではないでしょうか?シンプルなメイクを心掛けて、大人の自然な美しさを引き出せるお化粧をしましょうね♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事