読み方わかる?【茉莉花】はいい香りがする人気のアレ!

[記事公開日]2020.6.30
[最終更新日]2020.7.03

「茉莉花」この漢字の読み方がわかりますか?実は、みなさんも飲んだことがあるであろう飲み物などに使われているもののことですよ♡今回はこの「茉莉花」について詳しくご紹介していきたいと思います♪

「茉莉花」この漢字の読み方知ってる?

「茉莉花」この漢字の読み方を知っていますか?これは、ある飲み物の原材料となっている植物を表す漢字です。この漢字の読み方は「まつりか」でした!まつりかなんて聞いたことない!と思った方も多いですよね…!「茉莉花」はある植物の別名です。さて、何でしょうか?

「茉莉花」はアラビアジャスミン!

「茉莉花」が表している植物は、ジャスミン。その中でもジャスミンティーに使われる「アラビアジャスミン」のことを指しています。ジャスミンは飲み物にはもちろん、香水などにも使われていますよね。しかし、香水に使われているジャスミンはアラビアジャスミンではなく「コモン・ジャスミン」なんですよ…!

「茉莉花」の特徴は?

漢字では「茉莉花」と書く「アラビアジャスミン」ですが、白く細長い花を咲かせます。樹高は1~3mほど。花の香りが強いことから、「夏の香りの女王」とも言われているんだとか♡ジャスミンティーは、ウーロン茶や緑茶にこの生花を混ぜて作ることもあるんですよ…!

「ジャスミン」の花言葉は?

ジャスミンの花言葉は「愛想がいい」「愛らしい」などがあります。その中でも白いジャスミンは「温順」「柔和」など。黄色いジャスミンの花言葉は「優雅」などとなっています。「アラビアジャスミン」の花言葉は「長すぎた春」「清浄無垢」などです♡

ジャスミン茶はどうやって生まれたの?

「茉莉花」がジャスミンティーの原料となっていると紹介しましたが、なぜこの飲み物は生まれたのでしょうか。実はジャスミンティーは中国で生まれた飲み物。皇帝にお茶を差し出すためにお茶の運搬をしていましたが、香りがなくなっていってしまうことに困り、これをごまかすためにジャスミンの花を入れたのが始まりなんです…!

「茉莉花」はジャスミンでした♡

茉莉花という漢字はジャスミンを表していることがわかりましたね。ジャスミンティーは、心を落ち着かせたいときにピッタリの飲み物。飲みながらこの知識を披露すればすごい!と思われるかも♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事