《男性の本音》彼女がデートで着てきたら「実は嫌だと思っている服装」4選

[記事公開日]2020.7.03

今回は、彼女がデート服で着てきたら「実は嫌だと思っている服装」を4つ紹介します。この機会に”男性に嫌がられるNGデート服”をしっかり学んで、あなたのコーデに活かしてみてくださいね◎

NGのデート服①原色系の服

全身を蛍光カラー、パキっとした色…といった目立つ色味だけでまとめたコーデは、デートに向きません。本人は「原色コーデでおしゃれ♪」とノリノリかもしれませんが、横に並ぶ男性は「派手すぎて一緒に歩きたくない…」とドン引きしている可能性も。どうしても明るい色を入れたいなら、アクセサリーやバッグなどの小物で”差し色”としてプラスするのがおすすめです◎

NGのデート服②露出が多すぎる服

”露出が多い服装”は男性に人気があると思われがちですが、過度な露出はいやらしさが増すだけなのでNGです。たとえば、胸元が開きすぎているシャツや、スリットが深すぎるスカートは目のやり場にも困るので避けましょう。ただし、「タンクトップの上に透け感のあるシャツをレイヤードする」といったように、程よい肌見せはヘルシーさやこなれ感を出せるのでおすすめです◎

NGのデート服③緩すぎる服

「え、パジャマのままデートに来たの?」と思われるほど緩すぎる服はアウト。大人カジュアルコーデにも使われやすいスウェット素材のアイテムも、全身スウェットで揃えるとリラックス感が強く出てしまい、デートには適さないのでやめておいた方が無難です。とくに、”高級レストランでデート”のようなきちんと感のあるデートでは、スウェット素材は避けた方がいいでしょう。せっかくなら、女性らしさが演出できるアイテムを1アイテム投入した方が、男性にも好印象を持たれる可能性が高まります。

NGのデート服④ふりふりな服

かわいらしい服装が好きな女性が選びがちな”ふりふり”な服装は、男性からはイマイチな印象。モテ女子コーデを狙うなら、”ふりふり”ではなく、落ち着いたトーンの色味でシックにキメるほうが、男性はグッとくるようです◎どうしてもかわいらしさを加えたいなら、レース素材のタイトスカートがおすすめです♪レース素材で甘くなりがちなところを、タイトスカートで辛めに引き締めてくれるので、程よい色気も出せます。

男性が「実は嫌だと思っている服装」のまとめ

今回は、彼女がデートで着てきたら「実は嫌だと思っている服装」を4つ紹介しました。せっかく愛しの彼とデートするなら、「今日もかわいい服だね!」って言われたいですよね♪男性に「ちょっとそれは…」と思われるようなNGコーデは、今日限りで卒業しちゃいましょう♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事