当てはまってる?ダサい子が身に着けがちなアイテム4選

[記事公開日]2020.6.25

ちょっと待って!そのアイテム、ダサく見えちゃってるかもしれません…。ダサい子が身に着けがち、そんなアイテムをピックアップしてみました♪みなさんは大丈夫ですか?当てはまってしまってないか、チェックしてみてくださいね♡

①ファーのアイテム

ワンポイントのファーや、小ぶりなマフラーなどのファーなら女性らしくてかわいいです♡ですが、ファーオンリーのロングコートやバッグなど、主張が強すぎるものはちょっとダサいかも…。ファーやアニマル柄の動物を連想させるアイテムは、実は使いこなすのがとっても難しい。主張の強いファーアイテムも取り入れ方次第ではおしゃれ上級者を目指すことができますが、ただ取り入れただけではダサアイテムに変わってしまう危険性があります!

②ボロくなったショップバッグ

普段使いのバッグとして、紙袋のショップバッグを使うのはおしゃれ度がイマイチ。おしゃれさんなら、その日のファッションに合わせてバッグも選んでいるはず!ショップバッグを普段使いするのは、おしゃれというよりもミーハーだと思われがち。その中でも一番よくないのが、端っこが破れていたりそこに小さい穴が開いてしまったりしている紙袋です。だらしなくも見えてしまうので、使用は避けるようにしましょう。

③毛玉やほつれのある服

デザインがかわいい服でも、毛玉やほつれている部分があれば一気にダサいアイテムに見えてしまいます!ちゃんとしていない、だらしない印象も与えてしまいます。日頃のお手入れは大変ですが、細かいところが案外人から見られているかも…。夏シーズンのファッションは、暑いことからコンパクトなアイテムが多いのでほつれた部分が目立ちやすいです。秋冬シーズンはニットの毛玉に気をつけたいですね。

④幼すぎるアイテム

たとえば、デカデカとした英字プリントと写真プリントを合わせたデザインのアイテムや、腰パンスタイルのサルエルなど。中学生がしてそうな幼いアイテムは、ダサい女子が身に着けがちです!「いつの時代の服装なの?」と思われてしまうかもしれません。今ではコラボTシャツでキャラクターデザインのアイテムに人気があり、大人っぽいと幼いの境界線が難しいときがあるかもしれませんね。

気をつけて!ダサい子ファッションになってない?

必ずしも、そのアイテムを使っているからといって絶対ダサくなってしまうわけではありません。どんなアイテムも取り入れ方次第ではおしゃれになるので、当てはまっていた人でも不安にならずに、まずは着こなし方を見直して見ましょう!

PICK UP

ファッションのピックアップ記事