パンプディングをお皿に盛り付けている写真

レーズンとラム酒たっぷり♡鍋で作る大人な味わいの「パンプディング」のレシピ

[記事公開日]2020.6.30

みなさんは、「パンプディング」というお菓子を聞いたことありますか?今回紹介するのは、とてもおいしい大人風味のスイーツレシピです!レーズンとラム酒をたっぷり使ってほんのりいい香り…♡お酒を抜いても作れるので、ぜひトライしてみてください!

大人風味!ラム酒とレーズンたっぷりパンプディング

お酒を抜いて苦手な人もできるパンプディング写真出典: Instagram
パンプディングは、パンプリンとも呼ばれているパンを使ったお菓子のことです。今回は、大人風味なラム酒とレーズンのパンプディングレシピを紹介します。こちらは失敗知らずの簡単レシピなので、みなさんも一緒にトライしてみましょう!お酒を抜いて作れば、お酒が苦手な人や子どもでも食べることができます◎。

用意する材料

パンプディングの材料写真出典: Instagram

・パンの耳(5〜6本)

・卵(2個)

・卵黄(1個)

・きび砂糖(35g)

・牛乳(250ml)

・生クリーム(50ml)

・バニラビーンズ(1/3本)

・レーズン(30g)

・ラム酒(適量)

・バター(適量)

【カラメル】

・きび砂糖(80g)

・水(20ml)

(小さめの小鍋やケーキ型・プリン型)

砂糖はきび砂糖ではなくグラニュー糖をチョイスすれば、より苦味の強いカラメルに仕上がって一層大人風味になりますよ。

下準備

パンプディングの下準備出典: Instagram

・ラム酒にレーズンをひたひたになるまで漬けておきます。半日程度漬けておけば準備完了です。プディングを作る前日の夜に仕込んでおけば、待つことなくできますよ。

・焼き上げるケーキまたはプリン型に溶かしバターを塗っておきます。この作業を抜いてしまうと、焼き上がったときに型から取るのが大変なのでしっかり塗っておきましょう!

カラメルの調理手順

きび砂糖をフライパンで溶かしている写真出典: Instagram

・フライパンや鍋に【カラメル】材料の水ときび砂糖を入れて、中火で溶かしていきます。火が強すぎると焦げてしまうので、ゆっくり丁寧に溶かしていきましょう。3〜4分程度が目安です。煙が立ってきたら型に流し込みます。(火傷に注意してください。心配な場合は、少し深めの鍋でやるのがGOOD◎。)

生地の調理手順

生地の調理手順の写真出典: Instagram

・鍋に牛乳と生クリームを入れ、バニラビーンズの種を出します。中〜強火にかけて、湧き上がったら止めます。

・ボールに卵、卵黄、きび砂糖を加えて泡立て器で混ぜ合わせます。

・上記2つを混ぜ合わせ、漉しながら型に流し込みます。

いよいよ!ラム酒とレーズンを投入したら焼くだけ♪

生地の表面にパンの耳を並べている写真出典: Instagram

・漬けておいたレーズンをラム酒ごと入れ、レーズンが均等になるようにスプーンなどで優しく調整します。

・表面にパンの耳を並べ、予熱なしのオーブンを160度に設定し、25分湯煎焼きします。

焼けたら冷まして完成!

焼きあがったパンプディングの写真出典: Instagram

・焼き上がったら、冷ましてお皿にひっくり返します。

・お好みでホイップクリームやシナモンパウダーをトッピングして完成です!

ラム酒香る♡大人なパンプディング

パンプディングをお皿に盛り付けている写真出典: Instagram

パサパサになってしまったパンや、耳部分の消費にも嬉しいです。カラメルを苦くしてより大人風味に、ラム酒を抜けばお酒が苦手な人も、子どもでも食べられるスイーツになりますよ♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事