アラサー以上は要注意!周りから「イタイ」と思われやすいNGファッション4選

[記事公開日]2020.6.23

何歳になっても自分の好きなファッションを楽しみたい。でも、周りから見るとイタイと思われいないか心配...アラサーはお肌の曲がり角に加えてファッションの曲がり角なんです。アラサー女子必見!気を付けたい、NGファッションをチェックしてみましょう。

(1)ガーリー過ぎる

フリフリのレース、大きめのリボン…。かわいくてキュンとするのは分かりますが、アラサー女子には甘すぎるファッションは危険です。ガーリー過ぎるアイテムは顔や肌感とのバランスがちぐはぐに見えて、違和感を感じられてしまいます。取り入れるなら、ヘアアクセがおすすめ。髪を一本に縛り、革紐をぐるぐる巻いてゆるくリボン結びをするポニーヘアは、アラサー世代もチャレンジしやすく、大人かわいく仕上がります。色味はブラウンなど落ち着いた色味で取り入れるとこなれ感アップ。

(2)露出が多すぎる

胸元がざっくり開いたセクシー度満載のトップス、ミニスカートやショートパンツの若さと元気さあふれるボトムスはアラサー女子は避けたいところ。色気は肌の露出ではなく、素材や質感、フォルムの美しさで表現した方が上品です。トレンドのシアーブラウスなら、嫌らしくなくヘルシーな肌見せが叶いますよ。ボトムスはミニから膝下にチェンジ。足元はショートブーツやパンプスを合わせて、全体の肌バランスを調整すると「イタイ」ファッションから卒業できます。

(3)柄が多すぎる

今年のトレンドは〇〇柄。それなら私の好きなレオパード柄と合わせちゃおう!小物は花柄でポイントに♪はい、これは要注意です。ガチャガチャし過ぎる“柄×柄のファッション“は原宿でタピオカを飲む若い子に任せた方が無難。アラサー女子は落ち着いた大人の余裕を感じさせるファッションが似合います。シンプルなファッションに柄物を一点投入すると、ピリッとスパイスになりコーデにメリハリがでるので◎大人の品あるスタイルを目指しましょう。

(4)ラフすぎる

スポーツウエアを普段着に取り入れたアスレジャーが流行りましたが、あまりにもラフすぎるファッションはだらしなく見えてしまうのでNG。大きめのスウェットにレギンス、キャップにスニーカー、バッグもスポーティーに、といったファッションはイタイと思われがち。どこかに女性らしさを取り入れるのを忘れない、それが賢いアラサー女子の着こなしです。袖をまくりアクセサリーをする、ヒールを合わせる、バッグはカチッとしたブランド物を持つ、といったハズしテクニックならきれいめカジュアルに昇華できますよ。

バランス感覚を忘れずに

アラサー女子はコーデ迷子になりがちですが、ちょっとしたポイントやテクニックでグッとおしゃれな印象に変えられますよ。好きなものを好きなだけ!ではなく、全体のバランスや自分の肌感バランスを考えると◎「イタイ」だなんて思われず、年相応の自分に似合うファッションを楽しみたいですね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事