「花束」と「ブーケ」には実は違う!知っておきたい2つの差とは?

[記事公開日]2020.6.22
[最終更新日]2020.6.23

みなさんは「花束」と「ブーケ」の違いを知っていますか?実はこれらは同じ意味ではないんです。ふたつの差を知っておくと、お花屋さんで注文する際も的確に伝えることができ、きっと役に立ちますよ♪ぜひ参考にしてみてください。

「花束」と「ブーケ」の違いとは?

簡単に言うと、「花束」が両手で横に持つような大きな花束なのに対し、「ブーケ」は比較的小さく、片手で持つことができる花束のことを指します。ブーケも花束であることには変わりないのですが、最もわかりやすい違いはその大きさと言えるでしょう。区別するようになったきっかけは、結婚式で持ちやすい花束としてブーケを作ったことなんだとか♪

「ブーケ」はフランス語で「花束」

多少の区別はあるものの、「ブーケ」はフランス語で「花束」という意味なんです。そのため、花束をブーケと区別しているのは日本だけ。しかし、今やそちらを区別する方が常識になっていますね。

生花の茎の長さで判断することも

その呼び方に明確な基準は設けられていませんが、中には茎の長さで判断するお店もあるようです。このようにお店によってブーケとなる基準には差があるため、ときにはイメージ通りの仕上がりにならないことも。注文の際に不安な方は茎の長さを指定したり、おおよその大きやの理想を伝えてみるのもいいでしょう。

それぞれどのようなシーンで使われる?

花束とブーケはそれぞれ、以下のようなシーンで使われます。

・花束;パーティーや式典などの人前で渡すシーン

・ブーケ;ウェディングやちょっとしたプレゼントなどの持ち運びを重視したシーン

比較してみるとそれぞれの良さがわかりますよね♡花束など大きめのタイプは人前に出たときに見栄えしやすいシーンに、ブーケは持ち運びや用途に合わせて、ウェディングやちょっとしたプレゼントにおすすめです。

場面や相手に合わせて花束を楽しんで♡

今回は「花束」と「ブーケ」の違いについて解説しました。それぞれの違いを理解して、場面や相手に合わせてぜひ花束を楽しんでみてくださいね。花は一輪だけでも自分の心の栄養に効果的です。ぜひおうち時間のお供にいかがですか?♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事