知らないと危険!常識がないと思われる結婚式の「NGおよばれコーデ」4つ

[記事公開日]2020.6.19

結婚式は主役2人のとても幸せな晴れ舞台…♡実は、結婚式でのコーデにはルールがあるんです。NGコーデで結婚式に行ってしまうと常識がないと思われてしまうかも!お互いに幸せな気分でお祝いしたいですよね。NGコーデをチェックして、しっかり準備しましょう♪

全身白コーデ

結婚式においての白色は、主役である花嫁さんが着るウエディングドレスの色です。およばれで結婚式に行くときに、全身白コーデはとても危険なNGコーデなんです…!白ドレスを着ていく場合は、ボレロやストール、バッグなどの暗い色をチョイスするようにしましょう。また、真っ黒なコーデはお葬式で着るものなので避けるようにしましょう。ストッキングも黒色はNGです!

革製品のバッグや靴

動物の革で作られたアイテムは、「殺生」というイメージに繋がるのでNGです。また、レオパードなどの動物柄やファーもNGとなっているので注意しましょう。「フェイクレザーだから」と持ってきてしまう人もいますが、合皮の型押しであっても見た目から連想させるものは同じなので使用は避けることをおすすめします。

露出度の高いコーデ

結婚式のコーデマナーとして、露出の多いノースリーブはNGです。また、胸元が大きくはだけているデザインやミニスカートにも注意しましょう。ノースリーブのドレスを着ていく場合は、羽織りものを使用して肩が見えないようにするのが正解です◎。ちなみに夜の披露宴の場合、ノースリーブは羽織りなしでOKとされています!

つま先の開いたパンプス

露出度が高いのがNGなのはドレスだけではありません。足元でもオープントゥなどの露出が多いものは、NGコーデになってしまうので気をつけましょう!また、大きすぎる飾りが付いているなど派手すぎるものも避けましょう。ブーツやスニーカー、サンダルなどはカジュアルすぎるためフォーマルな結婚式にはNGです!

結婚式にはきちんとした服装で

結婚式の主役が仲のいい友人なら、友人にも常識のないイメージを抱かせてしまう可能性もあります…!相手が気心知れた友人でも職場の人であっても、きちんとしたマナーは大切ですね。しっかりマナーをチェックして、気持ちよくお祝いできるようにしましょう♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ファッションのピックアップ記事