「目眩く」って読めますか?覚えておきたい《読み方と意味》をチェック!

[記事公開日]2020.6.19
[最終更新日]2020.6.22

知らなくても困らない。でも、知ってると大人としての品格が高まる言葉って、意外と多いんです!「目眩く」って何と読むか知ってますか?あまり見慣れない、「目眩く」の読み方や意味を解説します。見慣れない言葉で、あなたの大人女子品格チェック!

もう間違わない!目眩くの読み方とは

あまり見慣れない言葉ですが、「目眩く」は学校で出会っている可能性も高いワード!大人になってからも本に触れる機会が多い方なら、目にしているかもしれません。読み方の正解は、「めくるめく」です。「めまいく」や「めまぐるしく」、など読み間違いやすい言葉なので、忘れないでくださいね!

説明できたら知的女子!目眩くの意味とは

日常で「目眩く」を口にする機会は少ないです。読み方は知っていても、言葉の意味まで理解している方は少ないはず!「目眩く」の代表的な意味は、目が眩む様子。また、魅力に惹かれる様子や、めまいなどの意味も!会話の中で言葉として使用していなくても、目眩く瞬間は私たちの日常に隠れていそうですよね。

目眩くを体感できる場面はこれ!

スピード感のある動きに対して、目眩く速さ、といった表現も◎さらに、激しく感情が揺れている様子に当てはまるので、運命的な出会いにも使えます。人生を変えるような目眩く恋や友情を見つけたいものですね♡また、目眩くと言うワードは、小説や詩に登場することも多く、知らない間に出会っているかもしれませんよ。

さらに知識を広げる!目眩くの類語たち

せっかく「目眩く」について知られたので、もっと深く知識を広げてみましょう。その言葉の類語を覚えておくと、知的な大人女子の印象が際立ちます。クラクラする、目が回る、目の前が真っ白になる様子などが、「目眩く」の類語に!このあたりの類語なら、日常生活の中で活用できそうですね!

語彙力アップで品格あふれる大人女子に

何もわからないから教えてもらえる女性もかわいいですが、豊富な知識を持った女性は内側から魅力があふれます。言葉はコミニュケーションの鍵となるので、極めておいて損はありません!「目眩く」の意味を理解して、語彙力アップしちゃいましょう。語彙力のレパートリーが増えれば、大人の品格アップ!言葉のパワーって偉大ですよ♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事