「ヨガ」と「ピラティス」はどう違う?気になる効果もチェック!

[記事公開日]2020.6.15
[最終更新日]2020.6.17

似ているけど違うもの。それがなんとなく違うことはわかるけど説明は難しくてできない…なんてこと、ありますよね。今回は「ヨガ」と「ピラティス」の違いについてご紹介します。

ヨガとピラティスの違いは?

ヨガとピラティスの違いを説明できますか?実は同じことをしているようにも感じるこの2つですが、大きな違いは考え方や目的、呼吸の仕方などがあります。ヨガは古代インドの修行の1つで、病気などの苦しみから救われる方法として瞑想がうまれました。瞑想をすることで安定した心を作るという目的があります。一方ピラティスは深層筋を鍛えることが重要とされています。そして呼吸法はヨガが腹式呼吸、ピラティスは胸式呼吸です。ピラティスはヨガの動きを参考にして作られているので似た動きがありますが、実際には全く異なるんです!

ヨガの効果は?

ヨガの効果ですが、ヨガは腹式呼吸をおこない副交感神経を活性化させることで、リラックス効果が期待できます。そしてストレッチで普段使わない筋肉を刺激することで、しなやかな体を作ることができます♪しなやかな筋肉と深い呼吸を続けることで代謝がアップしてダイエットに繋がります。

ピラティスの効果は?

ピラティスは深層筋の強化をすることで姿勢の改善、けがを予防するなどの効果があります。ヨガよりも筋肉をつけることが重視されているのがピラティスです。ピラティスでは体幹が鍛えられるので、猫背や腰痛などの改善にもつながります。ヨガよりも筋肉量や見ためなどの体に対する効果が大きいといえますね♪

使うマットに違いはあるの?

ヨガとピラティスはどちらもマットを使って行いますが、使うマットに決まりはありません。しかし、ピラティスで一般的なのは厚めのマットです。ヨガよりも地面に体を付けた動作が多いため、厚いマットのほうが痛みを感じることなくエクササイズができます♪持ち運びやすさも重視したものがおすすめです。

ヨガとピラティス、自分に合ったほうをチョイスして♡

ヨガとピラティスは似ているようで違う点がたくさんありましたね。得られる効果も全く違うことが分かりました。ヨガやピラティスのどちらにしようか決められない!という方は、なりたい体や目的に合うほうを選んでみてくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

実はまったくの別物!「ビュッフェ」と「バイキング」の違いって?

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事