「だって見られてないし…」一人暮らしOLあるある4選《人に言えないこと編》

[記事公開日]2020.6.11

ひとり暮らしをはじめてみないとわからないことは非常に多くありますよね。さらにその中にはズボラすぎて人には言えない...なんてことも。今回は、そんなOLの一人暮らしあるあるを紹介します。みなさんはいくつ当てはまりますか?

ご飯の見た目を気にしなさすぎる

誰かが食べる訳でもないし、写真をとる訳でもない…ともなると、見た目は一切気にしません。むしろ、お皿をいかに汚さないかということに注力しがち。袋麺を鍋ごと食べることもしばしば…それ、男性だけでなく女性もやっています。

大きな独り言を言いがち

快適なひとり生活も、全く物音がしていないのは寂しい…こんな人は大きな声でついつい独り言を言いがちではないですか?テレビに感想を言ったり、クイズ番組に参加してみたり。ドラマをみて泣くのも、ひとりなので誰の目線も気になりません♡ひとしきり号泣して、スッキリすることも。

玄関だけはとりあえずきれいに

宅配を受け取ったりするときなどに、唯一みられるのが玄関です。そのため、きれいにしているところは玄関だけというのもひとり暮らしあるある。リビングの扉は閉めておけば誰にもみられることはないので安心です。むしろ、自分の靴のみで飾れる玄関は女性の憧れでもあります♪

お風呂上がりは薄着でスキンケア

誰もいないので、お風呂上がりは薄着orバスタオルのままリビングへゴー。そのままスキンケアをはじめてしまいます。いちいちみられるかどうかの心配はありません。自由に着たいタイミングで服を着ます。しかも部屋着もダサいTシャツなど、私服から降格したものばかり…。

自分ルールで一人暮らしを快適に♡

今回は、人に言えないひとり暮らしあるあるを紹介しました。みなさんはいくつ当てはまりましたか?誰かにみられちゃいけないルールや過ごし方は人それぞれ。しかも、そんなルールがあるからこそ部屋がより居心地よく感じられたりするんですよね。自分ルールでひとり人暮らしをより快適にしちゃいましょう♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

「それめちゃくちゃわかる…」一人暮らしOLあるある4選《家事編》

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事