読み間違いが多い漢字4選!社会人で読めないと恥ずかしい単語って?

[記事公開日]2020.5.29

「えっ…そんな読み方だったの…!?」ずっと正しいと思っていた漢字の読み方が間違っていたとき。穴があったら入りたい気持ちになります。あぁ恥ずかしい…。人と話すときに恥をかかないためにも、社会人が知っておきたい読み間違いが多い漢字をおさえておきましょう!

①あり得る

これを見て思い浮かぶ読み方は2通りあると思います。さて、みなさんはどちらで読むでしょうか?「ありえる」それとも「ありうる」?正しくは「ありうる」です。これは多くの人が間違えて覚えています。なぜなら、「得る」だけだと「える」と読むことができるからです。そのまま「ありえる」と読んでしまうんですよね。「これは確かにあり得る(ありうる)な。」このようにサラッと使いましょう!

②一段落

多くの人が今もなお間違って使っているこちらの言葉。「ひとだんらく」と読んでいる人はいませんか?正解は「いちだんらく」です!この瞬間に間違いに気付いたという人もいることでしょう。それくらい、この言葉の読み方は間違って覚えられています。上司に報告するときにも、「あの仕事は一段落(いちだんらく)しました。」と言えるといいですね♪

③御用達

「これはあの有名人御用達のお店です。」さて、どのように読みますか?正解は「ごようたし」です。社会人で「ごようたつ」と読んでしまうと、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまいます。「達」という字は「たつ」「たっ」と読むことが多いため、そのまま「ごようたつ」と読んでしまう人が多いのでしょう。少しイレギュラーな読み方ですが、覚えてしまえば簡単です!

④重複

社会人が一度は悩んだことがあるといっても過言ではないくらい、この漢字の読み方は多くの人を困らせています。みなさんはどちらで読みますか?「じゅうふく」?それとも「ちょうふく」?間違いやすいこちらですが、正しくは「ちょうふく」です。一度覚えたとしても、「あれ?どっちだったっけ?」となりやすいのがこの言葉の危ないところ。特にビジネスの場では、正しく「ちょうふく」と読むことでしっかりとした印象を与えたいところです。

読み間違いやすい漢字も正しく読めば印象アップ!

社会人として、なるべく正しい言葉を使いたいですよね。正しい言葉を使っている人は、それだけでいい印象を与えることができます。ちなみに「続柄」は「ぞくがら」ではなく、「つづきがら」が正解!みなさんはどれだけわかりましたか?ぜひ正しい読み方を身につけましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事