「●型っぽいってよく言われる…」共感できちゃう血液型あるある4選

[記事公開日]2020.6.12

あなたは友達に「●型っぽいよね〜!」と言われた経験はありませんか?今回は、世間でよく言われがちな「血液型あるある」を4つ紹介します。「わかるわかる〜!」と共感できるものがいくつか見つかるかもしれませんよ♪

「A型」の血液型あるある

日本人の40%を占めるA型のあるあるは、「几帳面」「平和主義」「真面目」「協調性がある」です。A型の人は真面目で几帳面でしっかり者だと言われがち。また責任感も強く、自分が決めたことは最後までやり通すという人が多いとも言われます◎責任感があるゆえに、ストレスをためがちな面もあります。穏やかな性格なので協調性があると言われやすいです。

「B型」の血液型あるある

B型あるあるは「凝り性」「楽観主義」「気まぐれ」「マイペース」です。B型の人は自分の趣味や好きなものにのめり込みがちとされています。好きなことだったら苦労してもいい!と前向きにとらえると言われています◎凝り性であるがゆえに好奇心旺盛なので、人の話を聞きながら頭では別のことを考えたりもします。マイペースなB型の人は、話をしっかり聞ける状況にならないと会話に集中しづらい部分があるので、静かな落ち着いた場所で会話するのがおすすめだそう◎

「O型」の血液型あるある

O型あるあるは「世話好き」「話を聞くのがうまい」「仲間を大切にする」です。O型の人は周りの人の世話をするのが好きで、子どものお世話もサラッとこなすと言われます。話を聞くのが上手なので、悩みを相談すると親身になって話を聞いてくれる傾向が高いです。また信頼している友人や仲間とは密な関係を持ちたいと思っていて、仲間を大切にしたいと思っている気持ちが強いのが特徴です。

「AB型」の血液型あるある

AB型あるあるは「冷静」「合理主義」「天才肌」です。AB型の人はクールで客観性があるので、不利な状況になっても顔色を変えず、冷静に対処できる面を持っています。また、AB方は天才肌と言われることがよくあります。これは、ほかの血液型とくらべてAB型は先読み思考が優れている部分があるためです。

それぞれの特徴を理解してコミュニケーションを円滑に♪

どうでしたか?今回は、血液型による傾向や特徴をご紹介しました。それぞれの血液型の特徴を理解してコミュニケーションに応用すれば、良好な人間関係を築ける可能性が高くなりますよ♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事