間違った使い方してない?「cute」と「pretty」違い

[記事公開日]2020.6.09

英語には似ているけど意味が異なる言葉が多いですよね。そんなときに同じような意味だからと、意識せずに使ってしまうと、間違ったニュアンスで相手に伝わってしまうかも。今回はそんな英語の中でも「cute」と「pretty」の違いを確認します♪

「cute」と「pretty」の違い、説明できる?

「cute」と「pretty」の違い、しっかりと説明することができますか?日本語では、どちらも「かわいい」という意味で使われていますが、実はこの2つの言葉はまったく違う意味を持っています。今回はこの「cute」と「pretty」の2つの言葉についてご紹介していきますよ♪意味を知っている方もおさらいしてみてくださいね。

「cute」の意味は?

「cute」の意味はなんだかわかりますか?この言葉の意味は、幼い子どもや、動物、物などに対して使われることのおおい言葉で、「かわいらしい」「愛らしい」という意味合いになります。見た目のかわいさではなく、仕草やようすなどを魅力的だと伝えるときに用いられることもあります。

「puretty」の意味は?

「pretty」という言葉の意味は、外見などの見た目だけを重視した褒め言葉になっています。これは、人や動物には限らず、建物・洋服・花・街並み・など、さまざまなものに対して使われます。「pretty」は「beautiful」を少し弱くした意味合いだと考えるとわかりやすいですね。

「cute」と「pretty」の正しい使い分け方は?

「cute」と「pretty」を正しく使い分け、相手に失礼にならないためにはむやみに「cute」を使わないことが必要です。意味を知っている人が「キュートだね」という言葉をかけられると、「それって雰囲気がかわいいってこと?」と思ってしまうかもしれません。相手の見ためなどを褒めるときには使い分けをしっかりとしましょうね♪

「cute」「pretty」は伝わり方が全然違う!

「cute」と「pretty」は日本語では「かわいい」とひとくくりにされていますが、実は意味が全く違う言葉でしたね。安易に「cute」を使ってしまい、相手に「それってばかにしているの?」と思われないためにも、しっかりと使い分けをしていけるといいですね♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事