カフェで迷ったことない?「パフェ」と「サンデー」の違い

[記事公開日]2020.6.09

カフェで人気のデザートいえば!…あれ?「パフェ」?「サンデー」?どっち!?今回はそんな疑問にお答えします!どちらも似たようなデザートですが、ちょっとした違いがあったりするのです。ぜひ今後の参考にしてみてくださいね♪

サイズ感の違い

カフェやファミレスに行ったとき、メニューを見て気づいている人もいるかもしれません。「パフェ」は少し大きめの容器が使われているのに対し、「サンデー」は少し小ぶりの容器が使われていないでしょうか?「パフェ」は大きめの容器を使え!「サンデー」は小さめの容器を使え!と明確なルールがあるわけではないですが、二つの間にはちょっとしたサイズ感の違いを感じることができます。

言葉の生まれが違う

「パフェ」はフランス語の「パルフェ」が語源でもあることから分かるとおり、フランス語から生まれた言葉だと言われています。一方「サンデー」はアメリカから生まれた言葉であるという説があります。日曜日によく販売されていたから。つまり日曜日の「サンデー」から生まれたという説ですね。「サンデー」は英語から生まれた言葉のようです。

中身の違い!?

具材や中身に関しては、実際に明確な違いがあるとはされていません。しかし、お店によっては「パフェ」と「サンデー」で中身を変えてるというところも多いです。あるお店だと、「パフェ」にはコーンフレークを入れて具材を層にするけれど、「サンデー」はコーンフレークを使わない。アイスクリームやソフトクリームの上に具材をトッピングする、としているところもあります。

価格の違い

もちろんお店にもよりますが、全体的に「パフェ」の方が「サンデー」よりも価格帯が高い傾向にあります。サイズや具材の違いもありますね。「パフェ」の方がよりサイズ感が大きく、入っている具材も多いイメージがあることから、それが価格にもつながっていると思われます。中にはかなり高級な「パフェ」があったりもしますよね!

お店によって様々である

「パフェ」と「サンデー」には、これといって明確な違いがあるわけではありません。その違いはお店によって様々であるといえるでしょう。しかし二つの言葉が持つちょっとしたイメージの違いについては、知っていて損はないですね♪ぜひカフェに行ったときにはその違いを確認してみてください♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事