ちゃんと説明できる?「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違い

[記事公開日]2020.6.09
[最終更新日]2020.6.15

なんとなくは分かるけど、説明してといわれたらできる自信がないことってありますよね。今回は、意外と違いが知られていないシャンパンとスパークリングワインの違いをご紹介していきますよ♪

「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いって?

「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違い、説明できますか?2つが違うのは分かるけど説明はできないという方も多いですよね。そんな方にさっそく「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いを見ていきますよ♡

シャンパンはスパークリングワインに含まれる?

シャンパンとスパークリングワインは、まったくの別ものだと思っている方も多いかもしれませんが、実は仲間なんです。スパークリングワインは、発泡性ワインのことを表す総称。つまりシャンパンもスパークリングワインの1つなんですよ♪シャンパンを含めた発泡性ワインが「スパークリングワイン」と呼ばれるのは初めて知ったという方も多いのでは?

シャンパンの定義はなに?

スパークリングワインの中のシャンパンを名乗るためには、フランスの法律に規定されている条件を満たす必要があります。フランスの規定では「シャンパーニュ方式」「シャルマ方式」「ワインに二酸化炭素を加えた製法」この3つの製法で作る必要があります。その中でも、シャンパンを名乗ることができるのは、瓶内でゆっくりと発酵させた製法の「シャンパーニュ方式」のみなんです♪さらに、ブドウの品種は「ピノ・ノワール」「ムニエ」「シャルドネ」だけが認められているようです。本場のワインの伝統を崩さないために法律まであるなんてすごいですよね…!

シャンパンよりも手軽なスパークリングワインがある

本場フランスのシャンパンは高価なものばかりですが同じようなおいしさ、製法のスパークリングワインもあるんですよ♪たとえばスペインの「カヴァ」はマカベオ、チャレッロなどというブドウが使用されていて、価格は1,000円台とリーズナブルですよ♡

シャンパンもスパークリングワインの仲間でした

分かりそうで分からない「シャンパン」と「スパークリングワイン」の違いは、シャンパンがスパークリングワインに含まれる発泡性ワインということでしたね♪おしゃれなレストランでシャンパンをいただきながら話す話題にもぴったりですね♡

※ユーザー様からのご指摘を受け、該当箇所を一部修正(削除)致しました。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事