LIFESTYLE

2020.6.02

「最近寝坊しなくなった!」朝から絶好調に過ごせる《早起きのコツ》とは

忙しい朝、なかなか時間通りに起きられない人も多いのではないでしょうか。つい2度寝、3度寝してしまう、本当は早く起きて朝ゆっくり過ごしたいのに、その希望が叶わない…。今回は、そういった人に向けて早起く起きられるコツを紹介します!

    なぜその時間に起きるのかを明確にする

    人は、理由がないと行動できません。まず、あなたがなぜその時間に起きなくてはならないのかを明確にしましょう。たとえば、早起きして30分のマラソンをしたい、朝ゆっくりと朝食を味わいたい、好きな本を読みたいなど、理由は様々だと思います。できれば、朝早く起きたほうが、徳だ、楽しいことが待っている、などいいことを理由にしましょう。

    上質な睡眠を心掛ける

    いい睡眠をとっていれば、朝サッパリ起きることができます。そのためにすることは、寝る前の1時間前には、スマホやテレビを見ない、アルコールは控える、日中運動をしておく、寝具にこだわる、などが挙げられます。また、やはり早寝は大事。睡眠時間が足りていないと、どうしても睡眠時間の確保を優先してしまいます。夜は早く寝られるように、時間をさかのぼって計画をしましょう。

    目覚ましに何かをプラスする

    通常の目覚ましではなかなか起きられない人には、その目覚ましでは足りていないということです。プラスで何かを付け足すようにしましょう。たとえば、目覚ましを2つ使う、カーテンを開けて日光を浴びやすくする、テレビやエアコンのタイマーをセットしておくといいでしょう。いろいろ試してみて、自分に合った方法を見つけてみて。

    とにかく体を動かしてみる!

    最後は根性論になりますが、布団の中でグズグズしたってなにも始まりません。起きるというのは、目を覚ますことではなく、足を床につけること。目覚ましが鳴ったら、とにかく布団を蹴飛ばし、足を床に着け、大きく伸びをし、大きな声を出してみてください。なんだか、素敵な一日が始まりそうではありませんか?

    素敵な朝を過ごし、爽やかな一日を

    一日が始まる朝を気持ちよく過ごすことができたら、いい一日が待っていそうな気がしませんか?ぜひ、早起きにチャレンジして、絶好調の毎日をお過ごしください♪

    ※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

    朝起きてからやること4選!1日が充実する朝活アイデアを紹介